« 2011年9月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

雑誌『旅行人』休刊号の特集「世界で唯一の、私の場所」

旅系雑誌『旅行人』、ついに最終号!
いま休刊特需?で売れに売れてるらしいです。
とうことで遅ればせながらご紹介。

休刊号の特集「世界で唯一の、私の場所」の中で、
私も書かせていただいてます。
題して「谷を埋め尽くす大ゴンパ」。
東チベットの例のアノ場所です。

Ryokojin_last_inside

創刊準備号からの読者でした。
なぜそうなったのか思い出せないんだけど、
『ゴーゴー・インド』の読者カードを送ったら、
蔵前さんから案内のDMが来た、みたいないきさつ?
インターネット普及前なので告知が一仕事だったんですよ当時は。
そして途中から『旅行人ノート チベット』に関わることになり、
人生大きく変えてもらった気がします。
ありがとうございました_(._.)_

なので休刊は、やはり一つの時代が終わった感が。。
でも単行本の刊行やWebのほうは続行みたいです。

旅行人ホームページ

Ryokojin_old11988年の創刊準備号(1ページ)と創刊号(12ページ)。たぶんワープロ印字を切り貼りして版下作って普通に白黒コピー。月刊です。そうそう『遊星通信』だったんだ。商標登録されてたとかで途中から『旅行人』になったんだっけ。

Ryokojin_old2ダラムサラ滞在中に送った「ダラムサラ旅行情報」が1989年10月号に掲載されました。たぶんこれが初投稿。2本目は「カシュガルで追い剥ぎ」かな。当時は蔵前さん自身が長期旅行中で、旅先で手書き&コピーで作ってエアメールで読者に発送、なんてことも何回かありましたね。

そして、(^_^)/~~休刊号です☆


2011年12月25日 (日)

【新刊】仏教入門本2冊『心の安らぎに出合える仏教の教え』『ブッダに学ぶ生きる智慧』(長田幸康著)

年の瀬、仏教関連本を2冊上梓させていただきました!

2009年に中国“チベット自治区”入域許可証の発給を拒否され、
しばらくチベット本土には近づけない、という個人的な事情、
そして、今年の震災、ますます悪化するチベット情勢。
と相次いで色々あった末の2冊です。

気軽に読めるのが何よりの取り柄ですので、
いずれか一方でもご高覧いただければ幸いです☆

なお、同じ時期に同じような気分で併行して書いていたため、
引用したいエピソードがかぶってしまった部分があり、
持ちネタの少なさを猛省しつつ精進中です。

よろしくお願いいたします_(._.)_

心の安らぎに出合える仏教の教え『心の安らぎに出合える仏教の教え』
〜失うことを恐れない生き方レッスン〜
長田幸康=著 2011年11月 双葉社
ISBN4575303658 1470円(税込)
☆ブッダが説いた教えについて、今に即してやさしく綴った仏教エッセイ。
→amazon.co.jp

『ブッダに学ぶ生きる智慧』『ブッダに学ぶ生きる智慧』
〜いまある不安や怒りが消えてなくなる本〜
長田幸康=著 2011年12月 東洋経済新報社
ISBN4492044515 1575円(税込)
☆原始仏典『ダンマパダ』を軸にブッダの教えの原点を綴った仏教入門書。
→amazon.co.jp

2011年12月 4日 (日)

【イベント】12/10(土)チベット僧侶の追悼とチベットの平和を祈るキャンドル・ナイト

TSNJ(Tibet Support Network Japan)のMLから転載します。

「チベット僧侶の追悼とチベットの平和を祈るキャンドル・ナイト」

2011年12月10日(土)17:00~
新宿・常圓寺 祖師堂地下(法要)、境内(キャンドル)

今年はチベット本土やチベット人の亡命地で、中国政府のチベット人に対する弾圧に対する抗議の焼身自殺をする僧侶の数が10名を超えてしまいました。チベットの状況は一向に良くならず、ますます酷くなっているようにも思います。
亡くなった僧侶を偲び、一日も早くチベットに真の自由が訪れるよう、チベット人がチベットでチベット人らしく暮らせる日が早く訪れるよう、キャンドルを灯し、心に平和や思いやりの灯りを灯しましょう。

【内容】
祖師堂地下
17:00~ 田崎國彦先生講演(30分)
17:30~ Dolkar Lhamo Kirtiさん(Tibetan Women's Association)講演(30分)
18:00~ 休憩(10分)
18:10~ 法要(宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会)(20分)
18:30~ 法要(在日チベット人)(20分)
18:50~ CandleJUNEさんからのメッセージ
  境内
19:10~ キャンドルを囲み祈念、黙祷
20:00  終了
余韻を残しつつ解散

【備考】
 当日は常圓寺境内でCandleJUNEさんのキャンドルを灯して頂く予定です
 ビンにティーキャンドルを入れるなどロウをこぼれない工夫をした上でキャンドルを持参下さい
 CandleJUNEさんのキャンドルと一緒に並べたいと思います

主催:宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会(関東地区支部)
共催:Students for a Free Tibet日本
協力:在日チベット人会ELDNACS Inc.

« 2011年9月 | トップページ | 2012年1月 »

無料ブログはココログ