« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月25日 (土)

ドキュメンタリー映像『チベット騒乱の真実〜Uprising in Tibet 2008』日本語ナレーション版が公開

NGOチベット人権民主化センター(TCHRD)によるドキュメンタリー映像『Uprising in Tibet 2008〜チベット騒乱の真実』の日本語ナレーション版が公開された。2008年3月10日に始まったチベットでの一連の蜂起をまとめたもの。日本語版はStudents for a Free Tibet (SFT) Japanのメンバーなどが協力して制作にあたった。他にはチベット語・英語・中国語版がある。

UPRISING IN TIBET 2008 - Japanese narration (MPEG-4, 44.6 MB)

Tchrd_uprising

SFT Japan関連で日本語版が完成したのは、『Leaving Fear Behind 〜恐怖を乗り越えて』『Undercover in Tibet 〜チベット潜入取材』に続いて3本目。
Jigdrel (ジグデル)〜Leaving Fear Behind 〜恐怖を乗り越えて〜
Undercover in Tibet 〜チベット潜入取材〜(英国Channel 4)

★『Leaving Fear Behind 〜恐怖を乗り越えて』については、
チベット本土で撮影を敢行したドンドゥプ・ワンチェン氏が不当な裁判で裁かれる可能性があるため、
アムネスティ・インターナショナルが緊急行動を呼びかけている。

アムネスティ・インターナショナルがトンドゥプ・ワンチェンに関する『緊急アクション』を開始(SFT Japan)

2009年7月16日 (木)

【イベント】上野の森美術館にやって来る「聖地チベット展」を600万倍ほど美しく応援する

九州国立博物館で10万人以上を集め、7/11から札幌の北海道立近代美術館で開催されている「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」展。9/19には、東京・上野の森美術館にやって来る。主催は朝日新聞社、TBS等。600万人チベット人の誇りであるポタラ宮に伝わる至宝をはじめ、美しく、貴重な、日本初公開の逸品たちにお目にかかれる、そうである。

Main_photo2_4

「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」(2009/9/19〜2010/1/11)

いやあチベットの文化、すばらしいですねえ。

「聖地チベット展」をみて、一瞬でもそう思っていただければ嬉しい。

ただ、聞いた話では、この展覧会、
そのすばらしいチベット文化やチベットそのものが、
今どうなっているのかについて、ほとんど教えてくれないそうである。
とくに最近60年間ほどについて。

そこで、そのあたりの説明なり何なりを若干補ってみてはどうか?
という建設的な提案から↓のようなサイトがオープンした。

【侵略された】聖地チベット
 ポタラ宮と天空の【盗まれた】至宝
「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝-」展に抗議する国際連盟
http://www.seichi-tibet.com/

まあ中国大使館後援ということもあり、
どうにもならないオトナの事情があるのかもしれない。
ならば、秋から冬にかけて、さまざまなグループが上野周辺で
多角的にチベットの文化や現状を紹介するイベントを開催し、
「聖地チベット展」を補足してあげるのもステキだ。

上記のサイトは、そうしたボランティア的なサポートも含めて、
日本にふさわしい「聖地チベット展」が開催されるよう、
美しく盛り上げていこうという、
まとめサイト、ポータルサイト的なものになっていくはず。
「聖地チベット展」は2004年から欧米を巡回しているので、
世界的な動きとも連動している。

広告代理店に動員されて鑑賞に訪れたりする有名人の皆さんも、
その言動がtwitterやfacebookで即世界中にシェアされる幸せをかみしめた上で、
600万チベット人の心情に想いをはせていただければ幸いだ。

「聖地チベット展」効果で、これから秋・冬にかけて、
チベットへの関心がさらに高まればいいなぁと思う♪

2009年7月 9日 (木)

【イベント】7/25@神戸★納涼!チベット落語「チョビット・チベット」

イベントのご案内。
チベット落語、大阪・長野に続いて3回目です。

納涼!チベット落語「チョビット・チベット」in 神戸

■日時:2009年7月25日(土)開演19:00 開場18:30
■会場:The Energy Open Center http://www.teoc.jp
    〒651-0084 神戸市中央区磯辺通4-1-8 ITCビル1階
■料金:¥2,000 (収益が出た場合は、チベット難民の自立支援活動資金にさせていただきます)
※詳細は↓
http://www.ray-light.net/eventnews/tibet-rakugo

■徳島在住、体重100kgの落語家、桂七福さんが挑戦する
「なにわ発・世界初」チベット落語@神戸
- わらいはせかいをひらく! -
どんな逆境でもユーモアを忘れないチベットの人たち。
まずは主人公、喜六と清八と共にチベットを旅しませんか?

「チベット落語?深刻な大きな問題を笑う?」
そう思われるかもしれません。お叱りを受けるかもしれません。
しかし、賛成も反対も批判も有り難く頂戴しながら、
どんな逆境でもユーモアを忘れないチベット人気質を見習い、
共苦に慈悲の尊さを重ねる共感の場になればと願います。

■桂七福プロフィール
1965年徳島県出身。身長181cm体重100kg。平成3年桂福団治の弟子となり、作家藤本義一氏により桂七福と命名。古典落語50本以上の持ちネタとは別に、オリジナル創作落語など多数。現在、ラジオ・テレビのレギュラー出演、天満天神繁昌亭の寄席から田舎の公民館までこなす精力的で幅広い活動を展開中。
http://ww8.tiki.ne.jp/~shichifuku/729-1/prof/prof.htm

【主催】TIBEtのまど (協力:国際援助協力会レイライトジャパン)
【問合わせ・予約】
*要予約*会場管理のため、お電話orメールでのご予約をお願いします
受付「エナジーオープンセンター」
TEL:078-891-5030 MAIL: info@teoc.jp

【その他】
無農薬野菜のお弁当販売(数に限りがあります/なるべくマイ箸をお持ち下さい)ほか、チベットグッズ/無農薬野菜の販売もあり

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

無料ブログはココログ