« 【イベント】7/25@神戸★納涼!チベット落語「チョビット・チベット」 | トップページ | ドキュメンタリー映像『チベット騒乱の真実〜Uprising in Tibet 2008』日本語ナレーション版が公開 »

2009年7月16日 (木)

【イベント】上野の森美術館にやって来る「聖地チベット展」を600万倍ほど美しく応援する

九州国立博物館で10万人以上を集め、7/11から札幌の北海道立近代美術館で開催されている「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」展。9/19には、東京・上野の森美術館にやって来る。主催は朝日新聞社、TBS等。600万人チベット人の誇りであるポタラ宮に伝わる至宝をはじめ、美しく、貴重な、日本初公開の逸品たちにお目にかかれる、そうである。

Main_photo2_4

「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」(2009/9/19〜2010/1/11)

いやあチベットの文化、すばらしいですねえ。

「聖地チベット展」をみて、一瞬でもそう思っていただければ嬉しい。

ただ、聞いた話では、この展覧会、
そのすばらしいチベット文化やチベットそのものが、
今どうなっているのかについて、ほとんど教えてくれないそうである。
とくに最近60年間ほどについて。

そこで、そのあたりの説明なり何なりを若干補ってみてはどうか?
という建設的な提案から↓のようなサイトがオープンした。

【侵略された】聖地チベット
 ポタラ宮と天空の【盗まれた】至宝
「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝-」展に抗議する国際連盟
http://www.seichi-tibet.com/

まあ中国大使館後援ということもあり、
どうにもならないオトナの事情があるのかもしれない。
ならば、秋から冬にかけて、さまざまなグループが上野周辺で
多角的にチベットの文化や現状を紹介するイベントを開催し、
「聖地チベット展」を補足してあげるのもステキだ。

上記のサイトは、そうしたボランティア的なサポートも含めて、
日本にふさわしい「聖地チベット展」が開催されるよう、
美しく盛り上げていこうという、
まとめサイト、ポータルサイト的なものになっていくはず。
「聖地チベット展」は2004年から欧米を巡回しているので、
世界的な動きとも連動している。

広告代理店に動員されて鑑賞に訪れたりする有名人の皆さんも、
その言動がtwitterやfacebookで即世界中にシェアされる幸せをかみしめた上で、
600万チベット人の心情に想いをはせていただければ幸いだ。

「聖地チベット展」効果で、これから秋・冬にかけて、
チベットへの関心がさらに高まればいいなぁと思う♪

« 【イベント】7/25@神戸★納涼!チベット落語「チョビット・チベット」 | トップページ | ドキュメンタリー映像『チベット騒乱の真実〜Uprising in Tibet 2008』日本語ナレーション版が公開 »

文化・芸術」カテゴリの記事

無料ブログはココログ