« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月23日 (火)

【イベント】6/27@護国寺…上映「すべてのチベット人たちの勇気ある、勇敢な平和的行為」

護国寺でのイベントの案内をいただきました。
ちょっと内輪向けに書かれた感のある案内ですが、
そのまま転載します。

「すべてのチベット人たちの勇気ある、勇敢な平和的行為」
6/27(土)
護国寺(東京都文京区大塚5-40-1)

「すべてのチベット人たちの勇気ある、勇敢な平和的行為」

2008年3月10日にチベット本土で起きた騒乱は一体何だったのか?
これからのフリーチベットをどのように考えたらよいのか?

Tibet Online TV(チベット亡命政府外務省のTV)が制作したDVD、
「すべてのチベット人たちの勇気ある、勇敢な平和的行為」を解説付きで見ながら、
昨年の騒乱とチベット問題について、
考え方をちょっと整理し、明日のフリチベ活動を考えるということをいたします。

DVDのタイトルは「すべてのチベット人たちの勇気ある、勇敢な平和的行為」。
上映DVDの内容は、中国共産党が報道した映像と、チベット亡命政府などが報道した
映像を対比させたもの。
音声はチベット語ですが、日本語で詳しく解説します。
あわせて昨年のチベット会議で話されたことについても会議に参加したチベット人から話が聞けるかも。

どうぞ皆様お誘い合わせのうえ覚悟していらして下さい。

上映会のあとは、定例のキャンドルライトのお祈りです。
リードボーカルはソナムさんです。
ダラムサラ(インド)よりチベットのお坊さん2名も参加します。
時間によっては、チベット仏教についての質問時間もあるかもしれません。

■日時:6月27日(土)16時より
(質疑応答など含めて2時間程度を予定。お祈りは40分程度)
■会費:無料
■会場:護国寺 http://www.gokokuji.or.jp/
■会場定員:約120名(先着順)

2009年6月22日 (月)

【写真展】6/27-28@原宿「旅人の目線から〜垣間見えるチベットの現実」by Kazu

「旅人の目線から〜垣間見えるチベットの現実」
6/27-28
DESIGN・FESTA・GALLERY EAST 101-5
(東京都渋谷区神宮前3-20-2)

「旅人の目線から
 〜垣間見えるチベットの現実」

■日時:6/27(土)11:00〜20:00・6/28(日)11:00〜19:00
■場所:DESIGN・FESTA・GALLERY EAST 101-5
    東京都渋谷区神宮前3-20-2
※詳細は↓
http://www.a-daichi.com/freetibet/exhibition/index.html

■コンセプト
20世紀後半以降、中華人民共和国の侵略・抑圧に苦しんでいるチベット---かの地を旅行する外国人は数多くいますが、多くの場合、旅行社がアレンジしたツアーで当局が許可した場所しか見ることができません。首尾よく個人でチベット入りできたとしても、チベットの現実は当局によって巧みに隠蔽され、中々表立っては見えてきません。
しかし、無理な隠蔽は綻びるものです。旅行者が何気なく撮った写真の中にも、よく見ればチベットの現実が垣間見えてくるもの、チベット人たちの声なき声が聞こえてくるものは必ずあることでしょう。
本展に出品した写真は、私のチベット問題に対する認識が十分でな かった2001年と2007年に現地で撮ったもので、チベット問題に対する関心が強くなった今、問題意識を持って見返してみると、そうした 現状がはっきりと見えてくるもの、一見普通の写真に見えてもそこに写っていない裏側でとんでもないことが進行していることが分かったものを集めたものです 。
お世辞にもアートと呼ぶには程遠い写真ばかりですが、そこに見えるチベットの現実をメッセージとして受け取っていただければと思います。

2009年6月10日 (水)

【写真展】〜6/21「祈りは武器より美しい」〜チベット潜入2人の写真展〜(野田雅也×西条五郎)、6/14はトーク&パーティー

「祈りは武器より美しい」〜チベット潜入2人の写真展〜
6/2〜6/21
パクチーハウス東京(世田谷区経堂1-25-18 2F)

「祈りは武器より美しい」
〜チベット潜入2人の写真展〜

■日時:6/2(火)〜6/21(日)
■場所:パクチーハウス東京
    世田谷区経堂1-25-18 2F
    TEL:03-6310-0355
    月曜定休 ※詳細は→http://paxihouse.com/

■6/14(日) トーク&パーティー
16:00〜 トーク 野田雅也×西条五郎
中国軍による厳重な警備をくぐり抜け、閉ざされたチベットに潜入したジャーナリスト・西条五郎とフォトジャーナリスト・野田雅也。中国人に変装したり、身を隠して軍の検問所を迂回したり、それでも私服警官による尾行や密告により、強制退去させられることもある。
それでもなぜチベットを撮るのか?カメラが捉えたのは、武器を向けられても一心に祈り続ける人びとの深遠な眼差しだった。

18:00〜 パーティー
料理3000円(ドリンク代別)※チベット人は料理代無料

【野田雅也】
1974年福岡県生まれ、フォトジャーナリスト。世界放浪中にチベットに出会い、人びとの祈りの姿に魅了される。以来、長期にわたってチベットを訪れ、08年3月に始まった騒乱後も、2度の潜入取材を行なう。09年2月にはチベット難民の亡命ルートであるヒマラヤ山脈のナンパ・ラ(峠)を踏破し、迫害を逃れる難民たちの実態に迫った。現在、失われたチベットの50年を描く映像プロジェクトを進行中。08年、上野彦馬賞の部門・毎日新聞社賞を受賞。日本ビジュアルジャーナリスト協会(JVJA)会員。

【西条五郎】
1974年東京生まれ、ジャーナリスト。2008年4月、中国人に“占拠”された長野市での北京オリンピック聖火リレー取材を契機にチベット問題に興味を持つ。北京五輪期間中には北京のほか、チベット難民が住むインドのダラムサラやチベットの首都ラサを取材。ラサ民衆蜂起とダライ・ラマ14世の亡命から50周年にあたる今年3月、事実上の戒厳令下にあった東チベットのリタンに潜入。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

無料ブログはココログ