« 【イベント】4/11(土)第4回「チベットの歴史と文化学習会」(吉水千鶴子/渡辺一枝/野田雅也) | トップページ | 【祝・名著復刊】『チベット 受難と希望--「雪の国」の民族主義』(岩波現代文庫) »

2009年3月15日 (日)

チベット・アムド地方アバ(Ngawa)小紀行(5)アバの町

「夏また来い。なんでこんな時に来たんだ?」
アバのチベット人に何度も言われた。

Img_1529_sたしかに以前、秋に来たときには、一面麦畑が広がっていて美しかった。今は2月。風景は一面茶色で、午後になると強い風が吹いて寒々としている。夏はきっと緑の草原が広がり、花が咲き、麦畑も青々としているのだろう。

P1010798_sいや、そのことを言ったわけではないかもしれない。この町で僧侶が焼身自殺を図ったことを知っている今となっては、深読みせざるをえない。町で一番豪華な、ニェンポユルツェという聖山の名を冠したホテルは、中国人兵士たちの宿となっており、外国人は宿泊できなかった。

P1010796_sアバ(ンガワ、ンガバ、Ngawa)は、西端にあるキルティ・ゴンパ(格爾登寺)の門前町である。ときどきメインストリートを、兵士を積んだ武装警察のトラックがゆっくり巡回している。中国のどこかからやってきた兵士たち。焼身自殺しようとした僧侶を射った(とされている)のも、こうした白い顔をした若い兵士だったのか。

P1010824_sもうみんな慣れっこになっているのか、街中は意外なほどにぎやかで、穏やかそうに見えた。
腹の具合が悪かったので、市場に果物を買いに行くと、バナナはもちろん、パイナップルやマンゴーも売っていた。市場に連れて行ってくれたチベット人が言った。
「ここで商売してるのは全員中国人だ」

(写真をクリックすると拡大できます)

« 【イベント】4/11(土)第4回「チベットの歴史と文化学習会」(吉水千鶴子/渡辺一枝/野田雅也) | トップページ | 【祝・名著復刊】『チベット 受難と希望--「雪の国」の民族主義』(岩波現代文庫) »

2009アムド・アバ紀行」カテゴリの記事

無料ブログはココログ