« チベット・アムド地方アバ(Ngawa)小紀行(2)四川地震の被災地 | トップページ | チベット・アバの僧侶が焼身自殺を図り、射殺された »

2009年2月27日 (金)

チベット・アムド地方アバ(Ngawa)小紀行(3)マニ堂

白いチョルテン(仏塔)やタルチョ(祈祷旗)がときどき目に入る。
本格的にチベット文化圏に入ったようだ。

Img_1353_sたぶん紅葉で有名なミャロ(米亜羅)あたり。
道路沿いの村にマニ車のあるお堂を見つけた。
中には大きなマニ車がひとつ。
グル・リンポチェや観音菩薩の壁画は真新しい。

Img_1350_s
近所のおばちゃんたちが夕方の散歩に来ていた。
チベット高原の裾野であるギャロン(中国の谷という意味)に住むギャロン・チベット人。
言葉もいでたちも、普通に「チベット人」という時のチベット人とはかなり違う。

けれど、
オムマニペメフム。
オムマニペメフム。
観音菩薩に捧げる祈りの言葉は同じだ。

(写真をクリックすると拡大できます)

« チベット・アムド地方アバ(Ngawa)小紀行(2)四川地震の被災地 | トップページ | チベット・アバの僧侶が焼身自殺を図り、射殺された »

2009アムド・アバ紀行」カテゴリの記事

無料ブログはココログ