« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

チベット・アバの僧侶が焼身自殺を図り、射殺された

チベット暦の新年が明けたばかりの2月27日、チベット・アムド地方アバ(四川省アバ県)の僧侶が街中で焼身自殺を図り、その場で兵士に射殺された。

P1010796_s以下、北京発ツェリン・ウーセル(唯色)のブログ「Invisible Tibet」(看不見的西蔵)の記事の全訳。訳が不安な方は原文↓をご覧ください。
http://woeser.middle-way.net/2009/02/blog-post_6324.html

英語の記事は現時点では↓などが出ています。
Tibetan monk sets himself on fire: activist group (Reuters, 2009/02/27)

上の写真は2週間ほど前のアバの町のメインストリートにて。私が撮影したもの。


■アバの僧侶タペーが街中で焼身自殺し、銃殺された
(文・ウーセル)

2月25日午後、北京の繁華街・王府井で、新疆ナンバーの車の中で3人が焼身自殺した。身元は今なお明らかではない。海外メディアはチベット人ではないかと懸念している。その日がチベット暦新年の元日だったからだ。

しかし、ロサル(新年)3日、ついにチベット人が焼身自殺してしまった!
チベット本土で、チベット人が抗議の焼身自殺をしたのは初めてだろう。

この知らせを聞いたとき、しばし言葉を失い、声さえ出せなかった。胸がうずき、辛くてたまらない。
目の前に燃え盛る炎が現れた。炎の中には、若い僧侶がいる。雪山獅子旗とダライ・ラマ法王の写真を高く掲げ、叫びながら走っている。彼は油をかけた袈裟に火をつけ、火の玉となって街中に飛び出した。
銃声が響いた!

ニュースらしく書いてみよう。

2月27日、アムド地方ンガワ(現在の四川省アバチベット族羌族自治州アバ県)。アムドの著名な大僧院キルティ寺(格爾登寺)で、千人以上の僧侶が仏殿に集まり、祈願の法会を執り行おうとして、阻止された。同寺の管理委員会は僧侶らに法会の中止を求め、当局による懲罰は免れた。僧侶らはやむをえず僧坊に戻った。

しばらく後、午後1時40分、ひとりの若い僧侶が寺を出て、ほど近い町の中心部に向かった。そして、突然、雪山獅子旗とダライ・ラマ法王の写真を掲げ、油をかけた袈裟に火をつけ、叫び声をあげながら駆け出した。町にあふれるほどいる兵士が直ちに彼に発砲した。3発、射ったという。自らの身に火を放ったこの僧侶は射たれて倒れた。兵士は飛びかかって火を消した後、銃弾に倒れた僧侶を運び去った。

若い僧侶の名はタペー。25〜30歳位で、キルティ寺近くの村の出身だ。

タペーが亡くなったのかどうかは、わからなかった。午後、数百人の僧侶が彼の実家を訪れ、供養の法会を執り行った。

昨年3月27日には、キルティ寺の32歳の僧侶ロブサン・ジンパが遺書を残して、僧坊で首を吊った。彼は遺書の中で、当局がキルティ寺に着せた罪(抗議行動を指導し組織した罪、兵士が銃殺した遺体を保存し、外部に情報を漏らした罪)について書いていた。いわく、すべて彼ひとりによるもので、寺院やその他の僧侶には関係がない。抗議行動を率いたのは自分であり、その責を負う。遺書の終わりにはこう書かれていた。「中国の圧迫の下では暮らしたくない。1日といわず、1分でさえ我慢できない」。最後に彼の署名があった。

昨年4月16日夜には、同じくキルティ寺の29歳の僧侶トゥソンが自殺した。彼は盲人だった。命を絶つ前、家族にこう言った。「目の見えるあなた方には、こんな日々が耐えられないでしょうね。何も見えない私でさえ耐えられないのですから」。

2009年2月27日記録

2009年2月27日 (金)

チベット・アムド地方アバ(Ngawa)小紀行(3)マニ堂

白いチョルテン(仏塔)やタルチョ(祈祷旗)がときどき目に入る。
本格的にチベット文化圏に入ったようだ。

Img_1353_sたぶん紅葉で有名なミャロ(米亜羅)あたり。
道路沿いの村にマニ車のあるお堂を見つけた。
中には大きなマニ車がひとつ。
グル・リンポチェや観音菩薩の壁画は真新しい。

Img_1350_s
近所のおばちゃんたちが夕方の散歩に来ていた。
チベット高原の裾野であるギャロン(中国の谷という意味)に住むギャロン・チベット人。
言葉もいでたちも、普通に「チベット人」という時のチベット人とはかなり違う。

けれど、
オムマニペメフム。
オムマニペメフム。
観音菩薩に捧げる祈りの言葉は同じだ。

(写真をクリックすると拡大できます)

2009年2月25日 (水)

チベット・アムド地方アバ(Ngawa)小紀行(2)四川地震の被災地

成都から岷江という川を遡る。
世界遺産・都江堰(とこうえん)を過ぎると、もう山道。
ブン川にかけては、
仮設住宅の集落、「救災」と書かれた青いテントが目立つ。

P1010707_s昨年の四川地震で大きな被害を受けた被災地。
高速道路や橋が落ちたままになってたり、
建物が崩れっぱなしになってたり。
今でも崖が崩れるそうで、舗装しなおしたばかりの道が何カ所も寸断されていた。

Img_1357_s理県に入り、だんだん標高が上がると、
石造りの建物が増えてくる。
ようやくチベットぽくなってきた。
新築の家が多いのは、地震のせいだ。

(写真をクリックすると拡大できます)

2009年2月23日 (月)

チベット・アムド地方アバ(Ngawa)小紀行(1)

1週間だけ休みをとったのでラサに行こうと思ったら、
見事に入域許可証の発給を拒否されてしまったため、
とりあえず四川省の成都まで飛び、さて、どうしようか。
というわけで、アムド地方のアバ周辺にちょっとだけ行ってきた。

P1010835_s微妙な時期の、微妙な地域のため、細かいことは書かないでおく。
ルートぐらいはいいだろう。
成都→バルカム(馬爾康)→ンガワ(アバ)→茂県→成都
チベット人も一緒です。
写真はアバの町にある大僧院キルティ寺の入り口に建てられた公安。
昨年、弾痕の残る血まみれ遺体写真が流出した、あの寺だ。

検問もあったし、いろいろと物騒だった。
しかし、意外に何事もなく穏やかな1週間だった。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

無料ブログはココログ