« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月27日 (火)

オバマ氏のポケットの中にはダライ・ラマ法王のスカーフがあった

1月20日の就任式。オバマ氏が大統領になったその瞬間、ポケットの中にはダライ・ラマ法王から贈られたカタ(祝福の白いスカーフ)があった……NY在住のアーティスト藤田理麻さんが教えてくれました!

Obama_with_dl就任式の司会を務めたダイアン・ファインスタイン上院議員の夫、リチャード・ブラム氏が伝えたお話。
就任式に先立って、こんなやりとりがあった。
ブラム「ダライ・ラマのカタを持ってるんだけど、後で届けようか?」
オバマ「いや、今ほしい」
オバマはカタを受け取り、ポケットに入れた。そして、法王のカタをポケットに入れたまま就任式に臨み、リンカーンの聖書に手に置いて宣誓を行なった(語順を間違えて、やり直しになったけど^-^;)。

写真は2005年。オバマ氏が首から掛けているのがカタですね。
チベットのあれこれを是非ともCHANGEしてほしいです。

Obama Had The Dalai Lama's Scarf In His Pocket During His Swearing In(beliefnet)
すごいニュース!(藤田理麻さんのサイトの掲示板)
ダライ・ラマ法王、オバマ大統領を祝福(ダライ・ラマ法王日本代表事務所)

2009年1月18日 (日)

【イベント】1/31「TibetTibet」上映会&ミニコンサート

イベント「チベットを知る夕べ」のご案内。
おなじみ『TibetTibet』上映+トークショー+長屋和哉さんのミニライブです。

-----------------------------------------------
■チベットを知る夕べ■
Tibet Tibet with 長屋和哉

-----------------------------------------------

日程:2009年1月31日(土)
時間:18:00開演/17:30開場
出演:キム・スンヨン(映画監督)、長屋和哉
会場:正満寺(東京都港区高輪1-27-44)
http://www.shomanji.com/

料金:3,500円(前売)/4,000円(当日)
ご予約・お問合せ:KOKIHI 03-5848-4430
チケットぴあ
http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0853924

17:30 開場
18:00 『チベットチベット』上映(85分)
19:25 休憩
19:40 長屋和哉ライブ
20:30 トークショー(〜21:00)

▼『Tibet Tibet』公式サイト
http://www.tibettibet.jp/

▼長屋和哉公式サイト
http://www.ame-ambient.com/

【イベント】1/31ダライ・ラマ14世のコトバをよむ「よみびとの会」新春パーティ(梅野泉さん)

Umeno_tibetan_healing_cover_100『チベッタン・ヒーリング 〜古代ボン教・五大元素の教え』 (地湧社)の訳者、梅野泉さんによる「よみびとの会」のご案内です。

-----------------------------------------------
ダライ・ラマ14世のコトバをよむ
「よみびとの会」新春パーティ

-----------------------------------------------

*日時;1月31日(土)pm6:10〜8:00
*会場:西荻窪ほびっと村学校 (JR西荻窪駅南口徒歩3分)
 Tel.03−3332−1187
 http://www.nabra.co.jp/hobbit
*参加費:2千円 軽食・飲み物付き(持ち寄り歓迎)
*ファシリテーター 梅野 泉
*主催:よみびとの会
*要予約:hobbit@ea.mbn.or.jp
「よみびとの会パーティ」申し込み、の件名で、お名前、お電話番号明記の上、お申し込み下さい。パート1から続けてご参加の場合は「よみびとの会通し申し込み」とご記入下さい。

内容:
ダライ・ラマ14世のコトバをよみ、慈悲と非暴力によるあたらしい時代への希望をシェアしたいと思います。
「これをよみたい!」という一節、お持ち下さい。
聞くだけ、という方も大歓迎です。
智慧のコトバを声でリレーする輪のなかで、新年のスタートを祝いましょう!
軽食飲み物付き。料理持ちより歓迎。

また、コトバをダンスする!「よみびとの会」パート1(31日pm4:00〜6:00)から続けてのご参加も歓迎いたします。
パート1はチベットの智慧をベースにした気づきと受容のワークショップです。
声に出してよみ、ダンスし、よむこと・聞くこと・身体の動き・心を一つにつなげ、スペースに解放する、自由な精神の発露の場です。
これはとても楽しくて、執着なしに自他を受容することの喜びが湧いてきます。

よみたいテキストをお持ち下さい。
詳細は以下の「よみびとの会」をご参照ください。
http://www.nabra.co.jp/hobbit

2009年1月 4日 (日)

【イベント】2/8(日)第3回「チベットの歴史と文化学習会」(吉水千鶴子/ツェリン・ドルジェ/渡辺一枝他+『ジグデル』上映)

2008年蜂起をきっかけに始まった「チベットの歴史と文化学習会」。
第3回目は仏教・信仰がメインテーマです。

pdf版のチラシはこちら

第3回「チベットの歴史と文化学習会」
2009年2月8日(日)13:00〜16:30(開場12:20)
文京区民センター 3-A会議室(東京都文京区本郷4-15-14)

第3回「チベットの歴史と文化学習会」
〜2008年蜂起からまもなく1年....そしてラサの蜂起から50年〜

■日時:2009年2月8日(日)13:00〜16:30(開場12:20)
■場所:文京区民センター 3-A会議室
    交通 営団丸ノ内線・南北線 後楽園駅徒歩3分
    都営三田線・大江戸線春日駅徒歩1分
    JR総武線水道橋駅 徒歩13分
    http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754
■参加費:¥500

■参加のお申込み
 当日参加も可能ですが、事前にお申込みいただいた方を優先させていただきます。下記申込みページ(↓)からお申込み下さい。
 参加お申込みページはこちら(http://www.tibet.to/gaku3/)
※定員になり次第締め切らせていただきます。

■プログラム(予定)

(1)講座「チベット仏教の潮流」
講師:吉水千鶴子(筑波大学人文社会科学研究科哲学・思想専攻准教授)

(2)チベット報告「信仰に生きるということ」
報告:渡辺一枝(作家)

(3)映像『Jigdrel(ジグデル)』
英題『LEAVING FEAR BEHIND』(恐怖を乗り越えて)。チベット本土で秘かに撮影されたドキュメンタリーフィルムSFT日本による日本語字幕付き)です。約25分。

(4)チベットの声「SFTJapan再開、この1年を振り返って」
ツェリン・ドルジェ(Students for a Free Tibet 日本 代表)

(5)質疑応答「基調報告『Tibet2009』」
報告:長田幸康(ライター、I love Tibet! ホームページ 主宰)

●主催:チベットの歴史と文化学習会
●お問い合わせ:e-mail: trb.gakusyuukai★gmail.com
       (★を半角の@に換えて下さい↑)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

無料ブログはココログ