« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

【イベント】12/6梅野泉さん「チベッタン・ヒーリング」ワークショップ・講演会

Umeno_tibetan_healing_cover_100『チベッタン・ヒーリング 〜古代ボン教・五大元素の教え』 (地湧社)の訳者、梅野泉さんによるワークショップ・講演会のご案内です。

-----------------------------------------------
「チベッタン・ヒーリング」
ワ−クショップ・講演会
=五大元素のパワ−に生かされる=

-----------------------------------------------

12月6日(土)pm6:30〜8:30
ちよだプラットフォーム 504号室
(東京都千代田区神田錦町3‐21
 アクセス→http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10
参加費:2500円
主催:地湧社 

問合せ・申込み 地湧社 03−3258−1251
または「12月6日講演会」の件名でjiyusha@jiyusha.co.jpまで。

地球環境が悪化し、人の心が乱れている今、
「チベッタン・ヒーリング」(テンジン・ワンギェル著・地湧社刊)に示された調和をもたらすチベット古来の智慧を本書の訳者(梅野 泉)が紹介します。
人が本来持っている自然な力を発揮しいのちを輝かせるには?
仏教や医学にも受け継がれた五大元素のパワ−、感じてみてください。

世界のすべてを映し出す鏡があるとしたら・・・?
それが、五大元素。
宇宙から一粒の砂に至るまで、そして心も、五大元素で構成されているというチベット古来の考え方は
「人生を開く鍵」となります。
五大元素と健康、自分の元素の強弱を知る、自己ヒーリングの実践と呼吸法など、日常に生かせる内容です。
いのち本来の輝きを生きるヒント、きっと見つかります。

2008年11月23日 (日)

【イベント】11/30渡辺一枝さんお話会 「チベットのことを、お話ししましょうか」

イベントのお知らせです。
会場の四谷ひろばは、廃校になった小学校を利用したギャラリー。
「世界のつくり手たち展」(11/27〜12/8)の一環として、
渡辺一枝さんの写真展(全期間)とお話会(11/30)が開催されます。


………………………………………………………………………
渡辺一枝さん お話会
「チベットのことを、お話ししましょうか
………………………………………………………………………

チベットに通い続ける渡辺一枝さんが語る、
チベットの人々の暮らし、
そして、布、紙、器などのつくり手たちのお話し。

日時:2008年11月30日(日)14:00〜

場所:四谷ひろば(旧四谷第四小学校)内
CCAAアートプラザ ギャラリーランプ1,2
〒164-0004 東京都新宿区四谷4-20 tel:03-3359-3413
http://www009.upp.so-net.ne.jp/ccaa/
(東京メトロ・四谷三丁目駅5分、都営新宿線・曙橋駅7分)

会費:大人1,000円、中学生以下500円、未就学児無料
※定員50名 要予約→井上080-5078-1822

詳しくは→「世界のつくり手たち2008冬」

【イベント】11/29「チベット・ニューヨーク・ヒロシマ平和を紡ぐキャンドルナイト@光明寺」

イベントのお知らせです。
超宗派インターネット寺院「彼岸寺」も
楽しいので是非ご覧下さい!
超宗派仏教徒によるインターネット寺院「虚空山彼岸寺」

………………………………………………………………………
仏になるための仏教講座特別編
チベット・ニューヨーク・ヒロシマ
平和を紡ぐキャンドルナイト@光明寺
〜神谷町オープンテラスで平和を語る年末の夕べ〜
………………………………………………………………………

日時:2008年11月29日(土)17:00〜20:00(16:30〜受付)

講師:中垣顕實(なかがきけんじつ)さん(ニューヨーク本願寺住職)
特別ゲスト:原田真二さん(アーティスト)
キャンドルアート:Candle JUNEさん(キャンドルアーティスト)

参加費:無料(ニューヨーク本願寺へのカンパ受付)
会場:浄土真宗本願寺派 梅上山光明寺
(東京都港区虎ノ門3-25-1 日比谷線神谷町駅徒歩1分→地図

お問い合わせ:彼岸寺仏教講座係(kouza@higan.net
主催:IBA(超宗派仏教青年会)(http://www.higan.net/
協力:梅上山光明寺(http://www.komyoji.org/

2008年11月11日 (火)

【イベント】11/15-23『50人のチベット』展 --チベットって、知っていますか?@東村山

『50人のチベット』展のお知らせ。
11/22(土)には私も何かしゃべることになりました。
下のカコミには書いてありませんが、チベット料理やチベット服の着付け、チベット語、ミニコンサートなどなど盛りだくさん!
 最新情報は公式サイトをチェックしてみてください。
 ↓
 http://tibet-daisuki.at.webry.info/200811/article_2.html

東京・狛江、長野・善光寺、ヒマラヤ国際映画祭で反響を呼んだ「50人のチベット」展、いよいよ最終展示です!

「チベットのことを一人でも多くの人に知ってもらいたい」
そんな想いのこもった写真・絵画の数々。
これまで多くの方から好評をいただきましたが、今回をもってこれらの作品の巡回展示は終了することになりました。
最後は美味しいカレー屋さんにあるギャラリーでの展示です。
様々なサブイベントともに皆様のお越しをお待ちしております!
ぜひお見逃しのなきよう!!

『50人のチベット』展
 --チベットって、知っていますか?--


【テーマ】
「チベット」という言葉がこんなに語られる時はないのかもしれません。
けれどもチベットのことを本当に知っている方がどれだけいるでしょう。
報道には現れない本当のチベットの姿を伝えたい。
ふと、かつてチベットを旅したわたしたちは思いました。
チベットの風に吹かれ、その大地にふれた50人それぞれにチベットの光輝く一瞬を写真や絵に表現してもらいました。
ご覧になった方ひとりひとりが何を思うかは自由です。
50人の心に咲いたチベットの花を、ぜひ感じ、ふれていただけたら嬉しいです。

チベットや世界の人々が平和に生きられますように。
わたしたちの世界や心が平和でありますように。

【場所】
「MARU」2Fギャラリー
・住所:〒189-0022 東村山市野口町1-11-3
 西武新宿線 東村山駅西口から徒歩5分
 http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%C5%EC%C2%BC%BB%B3%BB%D4%CC%EE%B8%FD%C4%AE1-11-3&lat=35.7584&lon=139.46724083&type=&ei=euc-jp&sc=3&gov=13213.8.1.11.3
・TEL&FAX:042-395-4430
・営業日:火曜〜日曜(月曜定休)
・営業時間:(平日)11:30〜15:30 17:30〜23:00 (土)11:30〜23:00 (日)11:30〜20:00

【日時】
11/15(土)〜11/23(日)
 (平日)12:00〜15:30 17:30〜22:00
 (土)12:00〜22:00
 (日)12:00〜20:00
 ※ギャラリーの開館時間です。店の営業時間とは異なります。
 ※17(月)は定休日のためギャラリーも閉館となります。

【サブイベント】
詳細はこちら↓
http://tibet-daisuki.at.webry.info/200811/article_2.html
決定次第随時更新中!
無料の日替わりプチイベント毎日やってます!

★11月22日(土)★
長田幸康さんのトーク決定!
1ドリンク付き¥1,000-
※完全予約制となります。
お名前、人数、お電話番号をご記入の上、
tibet-daisuki@hotmail.co.jp
までご予約お願いいたします。
参加希望多数の場合は先着順とさせていただきます。ご了承下さい。

【入場料】
無料
※22日(土)に行なわれるトーク・歌イベントのみ 1000円

【主催】
「チベット大好き」の会
世代も仕事も住んでいるところも様々、でもチベットが好きで好きでたまらない人たちがこの展覧会に集まりました。
  http://tibet-daisuki.at.webry.info/

【問い合わせ先】
tibet-daisuki@hotmail.co.jp
042-395-4430 (MARU 17時以降にお願いします)

2008年11月 5日 (水)

【チベット・イベント】11/8(土)田中公明さん、三宅伸一郎さん講演@Feel TIBET@代官山

代官山で開催されている2つのチベットイベント。
気がつけば、もうすぐファイナルです!

「ミッシング・ピース 東京展」
10/17-11/9…ダライ・ラマ14世と向き合う、60人のアーティスト

「Feel TIBET - チベットを感じてみよう」
10/17-11/9…文化・民俗資料の展示、講演会、映像等を通して、生きたチベットに五感で触れて、感じる

以下、Feel TIBETで週末11/8(土)に行なわれる講演のスケジュールです。
参加費は1000円。定員80名。
申し込みは公式サイトで受付中です。
「Feel TIBET - チベットを感じてみよう」公式サイト

■11/8(土) 13:00〜14:30(12:30開場)
「チベット仏教美術の世界 - 曼荼羅を中心に」
田中公明(東方研究会研究員)
主催者からのコメント「小さい頃から曼荼羅がお好きだったという田中先生。先生の仏教美術、仏教に関する豊富な知識に基づくテンポのよい講演は、とても人気があります。今回は曼荼羅を中心に、チベットの仏教美術についてプロジェクターを使用して解説していただきます。」

■11/8(土) 15:30〜17:00(15:00開場)
『音・声・色の曼荼羅:チベットの歌舞劇「アチェ・ラモ」を中心に』
三宅伸一郎(大谷大学講師)
主催者からのコメント「日本でもチベット服を着られ、チベット文字でメモを取る、チベット人からも日本のチベット人といわれている三宅先生。チベット文化に関する造詣も深く、毎年のようにチベットに通い、最近はチベットの歌舞劇「アチェ・ラモ」について調査されてきました。アチェ・ラモはショトンと呼ばれるお祭りの際にいくつかの劇団によりそれぞれ1日かけて演じられます。老若男女をとわず、その日はみなピクニック気分で観にいき楽しみます。アチェ・ラモのお話、映像などを通じてチベットの雰囲気を是非味わってください。」

★さらに、最終日11/9(日)には、歌と踊りあり。

■11/9(日)  在日チベット人アーティスト テンジン・ドゥンドゥップさんと"うた旅行家"川辺ゆかさんによるチベット音楽の歌と演奏(13:00、15:00、17:00から開始予定、歌や踊りのミニ・ワークショップ的なものになる可能性も)

2008年11月 3日 (月)

ダライ・ラマ法王記者会見(11/2)

都内某所。合同記者会見に潜入です。←いちおうオシゴト
さしつかえなさそうな範囲でちょっとだけ以下に。
胆石の手術は3時間かかったけど1週間でリカバリ
とにかくお元気そうで何よりでした^_^

P1010683rev現在の状況について法王いわく、1988年のストラスブール提案から、ずーーーーっと「独立は求めない」って言ってるのに、中国からの前向きな反応はナシ。もう私ができることは、すべてやった。でも結果は出なかった。(もともとそう言ってるんだけど)チベットの未来は(私じゃなくて)チベット国民が決定する。話し合ってくれ。

という主旨の「もう中国には失望した」スピーチの直後というわけで、
今北京でやってる特使による8回目の会談と、
その後開かれる全世界チベット人緊急召集特別会議と、
サポーター会議が終わるまでは
すべて「ノーコメント」だよ、と言いながらも、
(実際、日々法王のスピーチとかをチェックしてる人にとっては、
 とくに新しいネタは無いっぽいです)
毛沢東と会ったときにさかのぼり、
ものすごい勢いでチベット現代史のあれこれを展開してくれました。
4月の成田会見もそうだったけど、さすがの迫力。

今回、中国政府は自発的に「対話してます」とアピールをし、
法王訪日へのお約束の抗議もなし。
中国経済が弱ってるから、助けてほしいというサインなのか?
これはチベットにとってチャンスなのか。
あるいは、またもや欧米向けのポーズだけなのか。

他、
メディアに対しては「メディアは長い鼻を持て。象のように。長い鼻で、こんなふーに深く調べまくれ。あ、日本には象はいないか」(←録音聞かずに記憶で。たしかこんな感じ)

世界経済の話(資本主義が行き詰まってる)の中で
『ダスキャピタル』という本が売れに売れて、
っていう話が出てきて、欧米方面の記者は当然のようにうなづいてたけど、
すみません、わかりませんでした^-^;
いま調べたら、なんだ、『資本論』(Das Kapital)じゃないか^-^;
お恥ずかしいかぎりで。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

無料ブログはココログ