« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月19日 (土)

スタジオジブリ『熱風』でチベット特集

スタジオジブリの月刊広報誌『熱風』2008年1月号はチベット特集。
チベットといえばビジュアルメインになりがちだが、
ほぼ文章のみで4本立て、全40頁。

Kc3a0028ラインナップは次の通り。
★“シャングリラ”神話の原像……石濱裕美子
★「頑張らない知恵」に出会う、チベットの旅……長田幸康(私です)
★NHKスペシャル「チベット 聖地に富を求めて」取材手記……鐘川崇仁
★ダライ・ラマ法王八王子講演〈全収録〉「現代社会と精神的価値」

スタジオジブリ出版部『熱風』…入手法などはこちら
『シュナの旅』(宮崎 駿)…チベット民話「犬になった王子」がモチーフ。ゲド戦記の原案。ラピュタやもののけ姫に出てくる(名前だけ)ヤクを連想させる動物「ヤックル」が初登場
『白いりゅう黒いりゅう 中国のたのしいお話』 (岩波おはなしの本 (7))…↑「犬になった王子」などを収録
NHKスペシャル「チベット 聖地に富を求めて」@Youtube

2008年1月 6日 (日)

北京オリンピック目前。亡命チベット人たちが「帰国大行進」でラサを目指す!

亡命チベット人の5団体が、チベット問題の解決を訴える歴史的抗議行動を実行に移すと発表した。3月10日、帰国のための行進がインドのダラムサラを出発。チベットの都ラサを目指す。


1959年3月10日、チベット人たちは中国軍による支配に抗議するためラサで蜂起し、鎮圧された。
49年目の今年、亡命チベット人の5つの民間団体が、チベット問題の存在を国際社会に訴え、北京オリンピックに抗議するための「帰国行進」を計画している。
行進は3月10日の「蜂起記念日」に、北インドにある亡命チベット人の拠点ダラムサラを出発。チベットのラサを目指す。

抗議行進に参加します!という人に、中国政府がチベット帰国の許可を出すとは思えないので、何か面白い手を考えているはずだ。
クライマックスは、いかにチベットに入るか。
あらかじめルートを発表すれば妨害されることは明らかなので、途中からはナイショの旅になってしまいそうだ。
公式発表の行進はダミーで、実は…という可能性もある。
セキュリティが厳しくなるインドやネパール側でなく、ベトナムとか香港とか、まさかの日本とか、意外なルートを取るかも?

Tibetanuprising↓が公式サイト。全世界のチベット人へ参加を呼びかけ中(動画はチベット語)
The Tibetan People's Uprising Movement(英語)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

無料ブログはココログ