« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月21日 (日)

ダライ・ラマの受賞を祝うチベット人が中国の警官隊と衝突(続報)

10/20エントリーの改訂版です]

米連邦議会がダライ・ラマ14世に栄誉勲章を授与した件は、
日本でも連日かなりの報道量。
チベット人が盛り上がらないはずがない。
やっぱりというべきか、ラサをはじめチベット本土各地で受賞を祝うチベット人たちと警官隊が衝突したとの報道があった。
GoogleやYahoo!を必死で妨害中とも伝えられる中国が、
いよいよ実力行使に出たか?

ラサでチベット僧と警官隊衝突=ダライ・ラマ受勲祝福めぐり−香港紙(時事通信02007/10/21)
香港の新聞『明報』の報道を受けたもの。朝日新聞も同様の報道をしている。

実は第一報は↓だった。
中国、ラサでチベット族が警官隊と衝突 ダライ・ラマ14世の受賞めぐり(世界日報2007/10/19)
こちらの元ネタはノルウェーのラジオ放送Voice of Tibetの10月17日の放送のようだ。
Voice of TibetのArchive(チベット語と中国語の2カ国語放送)

Pap_tank12つの記事を要約すると——
10月17日夜、ラサのジョカン寺やポタラ宮の広場で、晴れ着を着て線香を炊いたり爆竹鳴らしたりして盛り上がってしまったチベット人たちが警官隊と衝突。逮捕・拘束者が多数出た。(世界日報)
ラサの大僧院デプン寺でも祝福の儀式を行おうとした約900人の僧侶・信者と警官隊が衝突。町に繰り出してデモるのを防ぐため、武装警察が寺を包囲した。(時事)
他、青海省や甘粛省でも同様の衝突が起こったらしい。(世界日報)

他、ロイター(英文)も同じ報道をしているが、やはりネタ元は『明報』。
Tibetan monks "clash" with police over Dalai Lama(Reuters)

一次情報が出てこず、ネタ元が香港の新聞1紙というのが今いち不安だ。
BBCかRadio Free AsiaかVoice of Americaあたりの突撃電話取材の続報を待ちたい!
ネットは遮断されていないらしく、
ラサのチベット人はとても喜んでる、ということが、
世間話を装ったいくつかのメールで確認できた。
不穏な動きがあったのかどうかは目下、確認を躊躇中。

2007年10月20日 (土)

ダライ・ラマの受賞を祝うラサのチベット人が中国の警官隊と衝突(?

[このエントリーは古いバージョンです。
改訂版は→ダライ・ラマの受賞を祝うチベット人が中国の警官隊と衝突(続報)

米連邦議会がダライ・ラマ14世に栄誉勲章を授与した件は、
日本でも連日かなりの報道量。チベット人が盛り上がらないはずがない。
やっぱりというべきか、ラサをはじめチベット本土各地で受賞を祝うチベット人たちと
警官隊が衝突したとの報道があった。
GoogleやYahoo!を必死で妨害中とも伝えられる中国が、
いよいよ実力行使に出たか?

……といっても記事はコレ1個だけ↓という微妙な状態。
中国、ラサでチベット族が警官隊と衝突 ダライ・ラマ14世の受賞めぐり世界日報2007/10/19)

元ネタは↓の10月17日の配信のようだ。
ノルウェーのVoice of TibetのArchive(チベット語と中国語の2カ国語放送)

Toe_pap要約すると——
10月17日夜、ラサのジョカン寺やポタラ宮の広場で、晴れ着を着て線香を炊いたり爆竹鳴らしたりして盛り上がってしまったチベット人たちが警官隊と衝突。逮捕・拘束者が多数出た。
ラサの大僧院デプン寺でも衝突があり、寺は武装警察に包囲された。
他、青海省や甘粛省でも同様の衝突が起こったとのこと。

[写真は7月に甘粛省甘南チベット族自治州合作市で行なわれた武装警察の“反テロ”デモ(TibetInfoNetより)]

英語メディアで記事がまったく出てないというところが不安だなあ(^^;
本当のところはどうなんだろうか。
BBCかRadio Free AsiaかVoice of Americaあたりの続報を待ちたい!
こういうときに現地に電話やメールすると当然危なそうなので
しばらく様子を見ようと思う。。。

2007年10月 3日 (水)

環境保護に熱心な中国。チベット人遊牧民10万人を強制移住

さすが来年にオリンピックを控えた国、環境保護に熱心に取り組む姿勢を大々的にアピールしたいようだ。
中国は、青海省に住むチベット人遊牧民10万人に対して、草原から都市部へ移住するよう命じた。理由は環境保護のため。すでに3万人が移住済みで、2010年までに10万人の移住が完了する予定。
☆このエントリーは10/6に加筆改訂しました☆

Nomad_tent中国は、青海省に住むチベット人遊牧民10万人に対し、草原から村落・都市へ移住するよう命じた。
過放牧による砂漠化が進む草原の環境回復・保護のためだという。
年内に6万人が移住させられ、2010年までには10万人の移住が完了。

最初に報じたのはたぶんBBC↓
China to relocate Tibetan nomads(BBC NEWS、2007/10/02)

ちべ者さんの探してくれた中国側の記事↓
三江源牧民渇望生態移民(新華網2007/09/17)
これとほぼ同じ内容の日本語の記事が↓
三江源の蔵族の遊牧民が町に移住(人民網日文版2007/09/12)

これによると移住はすでに2005年から始まっていて、もう3万人以上が移住し終えたとのこと。

国際人権団体ヒューマンライツ・ウォッチ(Human Rights Watch)は途中で気づいたらしく、現地調査をしてチベット自治区や四川省も含めた詳細な報告書を作成。↓
“No One Has the Liberty to Refuse”(Human Rights Watch、全文読めます。英語だけど)

そういう報告書が出たよということは日本でも報道されてたようだ。忘れてたけど。
強制移住で「中国化」進む チベット遊牧民の人権報告 (共同通信、2007/06/18)

Nomad_klids移住した遊牧民にはもれなく家と野菜栽培のためのハウスが提供される。
どうせその移住先も、別のチベット人から奪った土地なんだろうな。
万が一本当に初期投資がタダだとしても、農機とか肥料とか電気代とか、ついでに商売もやりませんかとか言って中国農業銀行か何かが金を貸しつけて借金漬けにして最後には家も土地も取り上げられ、結局、移住してきた漢族が住むことになる。同じことは(チベットに限らず)すでにあちこちで起こっているのだから、騙されないよう、だれか教えてあげてほしい。
そもそも遊牧民に農業をやれというのが無茶な話だが。

根性のあるチベット人は、モグリの遊牧民になって、
ヤク肉やバターの密売で荒稼ぎしてほしい。

ちなみに多くのチベット人は、チベット高原の温暖化は中国人の増加と無秩序な資源採掘のせいだと信じている。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

無料ブログはココログ