« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月15日 (日)

宮崎あおい×ダライ・ラマ法王@『KING』

講談社の男性誌『KING』11月号に、宮崎あおいチャンとダライ・ラマ法王の対談が♪
Pic_0007全部で17ページの「ダライ・ラマさん、マジで生きるって何ですか?」(p.227〜)。
◎宮崎あおい大キングに会う!…5ページ
◎ダライ・ラマのきほんの「き」…2ページ←ここ、お手伝いさせていただきました
◎ダライ・ラマの住む街ダラムサラに行ってきた…10ページ
昨年の『BRUTUS』ダライ・ラマ別冊と同じグレート・ザ!歌舞伎町(写真)+有太マン(文)コンビですね。

2006年10月 5日 (木)

中国の国境警備兵がチベット人を射殺…外国人登山隊も目撃

今年鉄道が通って、すごく変わっちゃうんだろうなぁという激動のチベット。
相変わらずなのは、命を賭けてでも祖国から逃げ出さざるをえないチベット人が今なおたくさんいることだ。

まだ詳しいことはわからないけど、カトマンドゥ発ロイター電の記事。
Two Tibetans allegedly killed by Chinese guards
Wed Oct 4, 2006 6:50 PM IST

20061002xnangpala2要約すると、
9月30日、チベット(中国)ネパール国境のナンパ・ラという峠近くのチベット側で、ヒマラヤを越えてネパールに逃れようとした70人程度のチベット人グループに対して、中国の国境警備兵が発砲。
少なくとも2人が亡くなった。
40人ほどは国境を越えてネパールに入った。
現場を目撃した彼らがカトマンドゥにたどり着いたら、詳細が明らかになるはず。

また、現場はチョーオユー(という有名な山)の前進キャンプ(ABC)近くのため、外国の登山隊の目撃者もいたようだ。
MountEverest.netにある写真付きの記事↓
Cho Oyu ABC swarmed by Chinese Army - Tibetans shot at Nangpa La?
12:27 pm EST Oct 02, 2006

今回たまたま発覚したんだろうが、チベット人から聞く限りでは、こういう事件は本当はもっと多いんだろうと思う。

★061007加筆
↓に、K2climb.netの記事の訳等があります。

ナンパ・ラにて人民解放軍、チベット難民に発砲か?
http://everest.cocolog-nifty.com/gassan/2006/10/post_0a6a.html

★061014加筆
↓“その瞬間”のビデオが公開されました。(PRO TV)
Exclusive footage of Chinese soldiers shooting at Tibetan pilgrims

↓動画の解説含め、いろいろとまとめられています。
虐殺映像を公開…中共軍がチベット難民狙撃の瞬間(東アジア黙示録)

★061020加筆
↓ビデオに日本語字幕付けたものがYou Tubeで公開されています。
日本語字幕版
このページの一番上に貼りつけました。
英語版もあちこちで公開中
http://www.youtube.com/watch?v=tNnA3K_kCEc

★061231加筆
↓Wikipediaの記事になってます。英語と中国語あり。
Nangpa La Killings (Wikipedia)

ご参考↓
DVD「ヒマラヤを越える子供たち」のサイト(by KIKU)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

無料ブログはココログ