« ダライ・ラマ法王7月帰国!の噂にあえて乗ってみるテスト【ガセネタ注意(^-^;】 | トップページ | 青海チベット鉄道、壊れないうちに乗っておこう! »

2006年6月30日 (金)

新刊!チベット仏画・マンダラ塗り絵ブック『癒しの塗り絵』(扶桑社)

チベットの仏画やマンダラを題材にした塗り絵ブックが登場。チベット人絵師の描いた仏画をお手本にしながら「仏を塗り、生き方を振り返る」。石濱裕美子先生の解説付き。
『癒しの塗り絵—美しい密教の仏とマンダラ』(扶桑社)(←amazon.co.jp該当ページへのリンク)

Iyashinonurie_200オトナの塗り絵が流行っているらしい。すかさず(?)チベットものの塗り絵ブックも登場。
写仏塗り絵というのは以前からあったようだし、チベット仏画やマンダラの塗り絵ブックも欧米にはあった。例えばその翻訳モノが『マンダラ塗り絵』(スザンヌ・F・フィンチャー著、春秋社)。その訳者の正木晃先生が続いて『カラーリング・マンダラ』『カラーリング・マンダラ2』(いずれも春秋社)を出版している。
Creating Mandalas.com(スザンヌ・F・フィンチャー)

『癒しの塗り絵』(扶桑社)は仏や菩薩の仏画・マンダラ15点の塗り絵ブック。ミシン目付きなので切り離してお手本を見ながら塗り絵が楽しめるようになっている。お手本の仏画は日本在住のチベット人仏画師ロブサン・シャンパさん等が描いたもの。冒頭に「美しい仏たちの物語」と題して仏画とマンダラの意味を、監修の石濱裕美子先生が解説している。これで950円はお得だ。
ちゅんちゅんタンカ・カフェ(ロブサン・シャンパ)
オカメインコの森 チベット学への招待(石濱裕美子)

前述のマンダラ塗り絵本は「セラピー」色が濃い、というか著者自身がセラピストだし。マンダラの下絵はあるが、色は自由に塗れる。自由に塗ることに意義がある。自由に塗らねばならない。
一方、『癒しの塗り絵』は「できるだけお手本に似た色で彩色するのが望ましいものですが」と、ちょっと弱気ながら手本に従うよう勧めている。塗り終わった絵を広島のチベット寺院に奉納できるよう、願掛け記入欄もある。仏教寄りの立ち位置、というんだろうか。普通にチベット仏教の本に分類されても何の違和感もない。たとえ塗り絵とはいえ仏画やマンダラを乱暴に扱う人はいないだろうというポジティブな考え方(だからこそ出版できたのだろう)も仏教的だ。

真っ白なところに自由に塗れと言われてもどうしていいかわからないけど真似ながらちょっとずつオリジナリティを発揮していくのが得意な日本人には、ぴったりかも?

それにしても、マンダラの塗り絵はさすがに細かすぎる(^-^;
ただでさえ細かいのに、この本のサイズはA4だ。でも、何でもコンパクトにしてしまうのが得意な日本人なら塗り遂げられるかもしれない。頑張ってくれ!いや、頑張ったら癒されないか。

[参考]→砂マンダラ@宮島の大聖院(チベット式)

« ダライ・ラマ法王7月帰国!の噂にあえて乗ってみるテスト【ガセネタ注意(^-^;】 | トップページ | 青海チベット鉄道、壊れないうちに乗っておこう! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ