« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

2005年12月

2005年12月24日 (土)

チベット難民ドキュメンタリー『ヒマラヤを越える子供たち』がDVD化される

今も毎年2,000〜3,000人のチベット人が難民となっている。
多くの難民は国境警備が手薄になる冬、ヒマラヤ山脈を歩いて越えて、ネパール・インドを目指す。
その約三分の一が14歳未満の子どもたち。
逃避行に同行して撮影されたドキュメンタリーフィルムがDVD化される。

eoth_banner_s

『Escape Over the Himalayas ヒマラヤを越える子供たち』は、ヒマラヤを越えて亡命する実際のチベット難民を追ったドイツ製のドキュメンタリーフィルム。
5人の子どもを含む10人の亡命者、そして彼らを導く亡命ガイドの姿を描いている。

というわけで、以上は、以前書いた記事「チベット難民の亡命に同行したドキュメンタリー『ヒマラヤを越える子供たち』が再上映される」の流用だ。
その後、全国で上映会が催され好評を博したあのフィルムをDVD化するプロジェクトが進められている。

チベットサポートグループKIKUでは、
DVD化のための権利購入と日本語版DVD制作費への出資者を募集中。
1口5000円で限定100口。
詳しくは

チベットサポートグループ KIKU "EOTH DVD PROJECT"

2005年12月16日 (金)

「ほぼ日手帳」にチベット語

PIC_0003ちょっと小ネタ。
なんだか細かいスケジュールを書き込む機会が増えてきたので、手帳を大きいのにかえた。
それが「ほぼ日刊イトイ新聞」「ほぼ日手帳2006」
後ろのほうの“世界の「おいしい」”というページに
チベット語の「シンポ」(おいしい)が載っていた。
(写真は携帯で撮ったので鮮明じゃないけど、もともとツブレぎみ)

2005年12月10日 (土)

チベットといえば温泉だよね♪@『リラックス』

雑誌『リラックス』(107)は温泉特集。温泉といえばチベットだ♪
はたしてp.66にテルドム温泉が登場。ちっちゃな写真も載っている。

pic_0372なんだか見覚えのある写真だ(笑)。
そう、紀行「湯けむり尼寺紀行」に載せたり、『チベットで食べる・買う』に載せたり、あちこち使い回している、いつものやつ。

terdom_hotspringラサから近かったり、近くに鳥葬で有名な寺があったりするため、もはやかつてのようなのどかさは残っていないと思われるが、それでも温泉は温泉。ただし、海抜4000メートルを余裕で超えるので、うかつに勧めることもできない。高地での酒と温泉はテキメンに効く。

pic_0368ラサの近くには、意外と知られていない温泉(というか巡礼地)がまだまだあるらしい。秘湯は秘湯のままにしておいたほうがいいのかも。
写真は、まるごと一冊チベットの温泉の分析データを紹介した『西蔵温泉誌』に載っている、テルドム温泉のお湯の成分の分析値らしきもの。わけわかんないけど。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

無料ブログはココログ