« Nスペ『新シルクロード 青海・カラホト』(NHK出版) | トップページ | チベットといえば温泉だよね♪@『リラックス』 »

2005年11月27日 (日)

『チベット語になった「坊ちゃん」』で中村吉広氏がデビュー

『チベット語になった「坊ちゃん」—中国・青海省草原に播かれた日本語の種』(山と渓谷社)という本が間もなく(たぶん週明け?)発売される。巨大ブログ「旅限無」(りょげむ)でお馴染みの中村吉広氏のデビュー作。

nakamura01_bookチベットの青海省の小さな町チャプチャにある青海民族師範専科学校で、ひょんなことから、チベットの学生に日本語を教えることになった日本人教師の孤軍奮闘の物語。
チベット仏教に興味をもっていた著者は、現地で仏教を学ぶべく、チベットへ留学。そこでチベット語と日本語の文法の近似性を知り、チベット人学生に日本語を教えることになってしまった。『防人の詩』の聞き取りから始まり、夏目漱石の『坊ちゃん』の翻訳に着手する。時に笑い、時に怒りながら育んだ、チベット人学生たちとの心の交流を描く。
……山と渓谷社公式サイトによる紹介文より。

このカバーの写真って、ヤムドク湖?

著者本人による出版記念の弁?は↓
★旅限無デビュー!『チベット語になった『坊っちゃん』』出版(旅限無)
中村氏はすでに「旅限無」で言論活動を蓄積してきているが、とりあえず1冊目。おめでとうございます♪ 
まあとにかく色々と幅広く、しかも深く語れる論客として今後の活躍が期待されます。

ところで、夏目漱石の『坊ちゃん』って、読んだことあるだろうか?
すでに教科書からも姿を消してしまったそうで、読んでない人も多いと思う。
あと、さだまさしの「防人(さきもり)の詩」を知ってる人なんて、もっとずっと少ないはずだ。
というわけで、この機会にどうぞ。↓
『チベット語になった「坊ちゃん」』(中村吉広著、山と渓谷社)
『坊っちゃん』(夏目漱石著、新潮文庫)←たった300円。古本なら1円〜。
『さだまさし ベストデビュー30周年記念リマスター盤』(CD、2,209円)←「防人の詩」他。

« Nスペ『新シルクロード 青海・カラホト』(NHK出版) | トップページ | チベットといえば温泉だよね♪@『リラックス』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ