« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月29日 (木)

中国の充実した教育制度のおかげ様で、チベット人の識字率が下がった

中国が発表した統計によると、チベット自治区の識字率(読み書きできる人の割合)が大幅に悪化した。児童の就学率も低下した。教育・職業訓練の機会が得られないまま、チベット人たちは、流入し続ける漢族移民たちに仕事を奪われていくのだろうか?

英国Tibet Information Networkの後を継いだドイツのTibInfoNetによると、2004年版中国統計年鑑で発表されたチベット自治区の15歳以上の非識字率(2003年)は54.9%。前年の43.8%から11.1ポイントも悪化した。6歳以上の児童の小学校就学率は55.1%。これも前年62.0%から6.9ポイント下がった。中学校就学率は14.2%でこれも低下しており、中国全体(57%)、隣接する四川省(約50%)と比べて低さが際立つ。
[チベット自治区(TAR)、青海省(Qinghai)、甘粛省(Gansu)、四川省(Suchuan)、中国(PRC)全土のデータは元の記事"Illiteracy and education levels worsen in the TAR despite development drive"(英語)を参照して下さい]

もちろん統計なんてものは、どこの国のものであれ話半分ぐらいに思っておいたがほういい。しかも中国の統計となれば、間違いや誇張や政治的意図を十分考慮する必要がある。(ていうか識字率ってどうやって調べてるんだろう? 読み書きって、チベット語でも中国語でもいいんだろうか?)
以前は「ちゃんと充実させてます!」と報告しなきゃ中央に怒られたが、最近は「まだまだ学校が足りません!」と報告したほうが援助を引っ張ってこれる(→それに乗じて儲けられる)から好都合、とかいうふうに風潮が変わったのかもしれない。

とまあそういった諸々をちゃんと考えた上で、TibInfoNetは、この数字の背景をいくつか指摘している。

チベット自治区の非識字率(文盲率)の推移は:
1998…60.0%
1999…66.2% ↑
2000…47.3% ↓
2001…45.5% ↓
2002…43.8% ↓
2003…54.9% ↑+11.1%

まず、識字率は2000年代に入って大きく改善された。これは「西部大開発」スタートに伴って莫大な援助投資がもたらされたことと関係があると思われる。
そして、識字率は2003年に早くも失速した。この2000年から2003年に間に、教育関係者の人件費がほぼ倍増したことも統計に示されている。教育のための投資が人件費で吸収されてしまったのではないかと考えられる。

illiteracy_tau_schoolまた、チベット自治区の1人あたりの学校数は中国で最低であるにもかかわらず、小学校の数は895校(2002年)から892校(2003年)に減少した。中学校・高校の数は100から105へと増えており、そのうち2校は高校(高級中学)だった。
[写真は東チベットの小学校。子どもたちは広い範囲に散らばって住んでいるが、寄宿舎を設ける予算がなかった。通える子どもが減っていき、数年後に閉鎖された]

チベット人が職を得るのに直接役立つ職業学校も4校から2校に減った。4校の時点(2002年)でも、人口1人あたりの数は中国全土平均の1/5しかなかった。一方、大学レベルの学校は3校から4校に増えて、人口比で中国一の割合を誇る。

つまり、中国は、チベット人が必要とする初等教育・職業教育の機会を減らし、チベット人にほとんど縁のない高等教育ばかりを充実させてくれたことになる。移民してきた漢族あたりが、その恩恵に与っているわけだ。

illiteracy_lhasa_schoolそもそも教育が“役に立たない”というのも就学率が伸びない理由だろう。
教育は無償とか言っているのは建前だけで、特に都市部以外では、なんだかんだ適当な名目をつけて学校が授業料を徴収していることが多い。イナカであるがゆえに予算がないのだから仕方がない。チベット人家庭にとっては大きな負担となっている。
また「学校を出たら仕事を世話する」という政策は2001年に破棄された。もはや教育に投資する価値なしと判断する親も多い。
[写真はラサの私立小学校]

[参考→青海省でチベット人学生200人が就職難に抗議(チベット式)]

もちろん、学校が中国語を中心とした中国化教育の場となっていることへの反発もあいかわらず強い。
これだけデメリットが揃ってしまうと、比較的恵まれた一部の都市住民を除いては、どうせ教育を受けさせるなら、ダライ・ラマ法王のお膝元であるダラムサラへ留学させようという気持ちになるのも無理はないかもしれない。
[参考→チベット難民の亡命に同行したドキュメンタリー『ヒマラヤを越える子供たち』が再上映される(チベット式)]
  →『ヒマラヤを越える子供たち』(KIKU)

2005年9月19日 (月)

中国のテレビ番組かと思ったあるよ♪NHK新シルクロード「青海・天空をゆく」

昨日放送されたNHK新シルクロードの第7集「青海・天空をゆく」
前半は青海省ということでチベットエリアだ。
すでにハイビジョンでは放送されており前評判は聞いていたが、さすが日中中日共同制作。
幸い「旅限無(りょげむ)」さんが、たっぷり時間をかけて料理してくださるそうだから、ここでは軽めにしておこう。

唐の王家からチベットの王家に嫁がされた文成公主という有名なお姫様がいる。
この人をどうしてもチベットと中国の“友好”のシンボルに仕立て上げよう、
そういういじらしい試みを中国は一貫して続けている。
7世紀まで溯らないと、ふさわしいキャラが見つからないからだろう。
いかに一貫して仲が良かったかわかろうというものだ。

slikroad_wenchengさて、番組では、唐とチベット、吐谷渾の関係が、
美しい青海湖の風景、そして杜甫の詩(出た!)などを通して語られた後、
唐からチベット世界へ至る入口である日月山(峠)に
最近立てられたようにしか見えない文成公主の像が映る。
そしてナレーション。

>>和平のため吐蕃に嫁いだ文成公主。
>>彼女によってチベットに初めて仏教がもたらされたと伝えられています。

仏教が、じゃなくて、中国仏教が、だろうな。
“もたらされた”というのが何を意味するのか不明だが、
先にネパールからベルサ(ネパールの公主)が嫁いでいて、
インド仏教はもたらされていた、と伝えられています。
便利な言葉だ…“伝えられています”。

この2文は全体として次のような印象を与えるよう仕組まれたコピーだ。
「唐は和平を望んだのに、吐蕃が野蛮でいうことをきかないものだから、
 わざわざ公主を降嫁してやった。
 おかげで文字さえない文化不毛のチベットに仏教まで伝えたやったのだ、ありがたく思え」
……考え過ぎか(笑)。

>>その文成公主ゆかりの寺院を訪ねました。

slikroad_namnang_lhakhangというので、どこかと思ったら、
これが唐突に、ジェクンド(玉樹)の大日如来堂だ。

たしかに公主が嫁入りの途中で立ち寄ったゆかりの地だが、
直前の日月山とは軽く800キロ離れているし、
シルクロード「青海の道」とは関係ない場所にあるので意表を突かれた。
遠くまで行って何を写したかったのかというと…

>>遠く離れた土地からも、熱心な信者が、訪れています。

slikroad_namnangチベット人巡礼がいつものように五体投地している。
大日如来の像が祠られているからだ。
「文成公主廟」というテロップを目にすると、
まるで皆が漢字でそう呼んでいるかのような印象を受けるが、
現地ではビ・ナムナン、つまりビ(地名)の大日様などと呼ばれている。
ここでナレーションがかぶさる。

>>人々は大日如来に文成公主の姿を重ね合わせて祈っています。

松平さんのあの口調で言われてしまうと
本気にしちゃう人がいるかもしれない。

さっきは学術的に突っ込まれると困るから“伝えられています”だったのに、
ここだけは確かめもせず、祈っています、と断定するんだな。

観音菩薩像にダライ・ラマ14世の姿を重ね合わせるチベット人は普通にいるけど、
祈りながら文成公主に思いをはせるチベット人なんて
聞いたことがない。

つまり、こういうことか。
チベットと唐の和平の象徴だった文成公主が今も(チベット人に)慕われている、
という映像を通して、両民族は仲良くやっています、問題なんてありません!
と主張せねばならない、と思ったものの、
これといった証拠や素材もないため、
観光用に立てられた像と、800キロも離れた所にある寺を
(言わなきゃわかんないだろうから)無理矢理使った、と。

というわけで、皆様の受信料が有効に役立てられているこの番組についてのさらなるツッコミについては「旅限無(りょげむ)」さんをお楽しみに!

2005年9月17日 (土)

チベット人数百人が食肉処理場を襲撃。動物を逃がしてから放火@中国四川省

中国四川省で、数百人のチベット人が食肉処理場を襲撃し、放火した。もともと大規模な処理場そのものへの抵抗感があったうえ、安値で家畜を買い叩こうとしたため反発を呼んだらしい。

アメリカのアジア向け宣伝放送ラジオ・フリーアジア(RFA)によると、8月初頭、中国四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州のデルゲ(徳格)県マニカンコにある食肉処理場をチベット人数百人が襲撃した。
襲撃されたのは、四川隆生集団の甘孜隆生美孜髦牛有限責任公司のデルゲ処理場。折しもホースレース(競馬祭)の最中だったため、相当数のチベット人が集まっていたという。

nomads_meat_factory01現地チベット人によると、この企業が相場以下の安値で家畜を売るよう強要したため、チベット人遊牧民たちが怒って工場に押し掛け、中にいた動物を逃がした上で建物に放火した。警察が駆けつけて50〜60人が拘束され、その後ほとんどは釈放されたが、7〜8人はまだ拘留されているらしい。被害額は不明。現地当局者は事件を否定している。
[写真はマニカンコの近く(たぶん)。ヤクがいっぱい]

nomads_meat_factory02この食肉処理場は2004年にできたばかり。
チベット人はヤクや羊などの肉を食べるし(ていうか肉しか食べない)、遊牧民だって食肉は売りたい。ただ、この種の工場タイプの大型処理施設はチベット人には馴染みがないせいもあり、感情的な反発を招いたようだ。漢族が持ち込んだ工場だというせいもあるのだろうか。また、家畜の買値も安いため、チベット人たちはボイコットしていた。
[写真はヤク肉ジャーキー]

地元の宗教指導者であるゾクチェン寺の活仏ケルサン・リンポチェ師と、セルタ佛学院のケンポ・シェラプ・サンポ師が10万元で処理場を買い取ると提案していたが、処理場側は売却を拒否したとされている。

▼元ネタ
Tibetan Nomads Set Fire to Chinese Slaughterhouse in Sichuan (RFA/2005.09.07)

▼カム(東チベット)の男たちを怒らせたら怖い(笑)と歴史に学ぼうシリーズ
青海省でチベット人数千人が“暴動”…“冬虫夏草税”をめぐる役人の汚職に抗議(チベット式/2006.06.03)

▼おまけ(ヤクのYakkinと遊牧民の少年ニマのお話)
4コマ漫画“Yakkin”

2005年9月15日 (木)

藤田理麻「チベット難民キャンプを訪ねて」(すばる10月号)

チベット難民の子どもたちに絵本を贈る活動などで知られるニューヨーク在住のアーティスト藤田理麻さんの難民キャンプ訪問記が文芸誌「すばる」10月号に掲載されている。

「コレガルのチベット難民キャンプを訪ねて」11ページ分。
訪問先は南インドのカルナタカ州コレガル(Kollegal)の難民居住地のSOS Children's Villageなど。コレガルには約4000人のチベット難民が住む。
同行したカメラマンの手記↓で、だいぶ様子がわかりそう。

▼難民キャンプに同行したカメラマンBさんの手記(MediaMonkeys.net)写真あり
カメラマンBの日記Vol.3 インドロケは大変
カメラマンBの日記Vol.4 インドの孤児院
カメラマンBの日記Vol.5 インドロケ最終章
カメラマンBの日記Vol.9 4年越し企画がついに完成・放送!

↑によると、スカパーで『EDGE 2 今を生きる 藤田理麻』っていうのが放送されたらしいですよ。

fujitarima_wondertalk藤田理麻さんはチベット民話を絵本にした『チベットの不思議なお話 藤田理麻のワンダートーク』(チベット語・日本語・英語、サンクチュアリ出版)を2001年に出していて、難民孤児たちに絵本を贈る“ブックスフォーチルドレン”を展開。各種女性誌のエッセーでも、なにかっつーとチベット難民やダライ・ラマ法王ネタを綴っていたりする。もうすぐ新作絵本『ダライラマの愛の心:ワンダーガーデン〜老犬と仔ウサギの物語〜』(扶桑社)も刊行(9/28)。チャリティイベントなども予定されている。

▼藤田理麻公式サイト
Rimafujita.com

▼チベットの孤児に絵本を贈る
ブックスフォーチルドレン

▼藤田理麻デザインのチベット柄タオルが買える
池内タオル“風で織るタオル”(100%風力発電)

2005年9月13日 (火)

貴重なチベット情報源が消滅。まじ?TINがなくなる?

中国系でも亡命政府系でもないニュースを配信していた
ロンドンのチベット・インフォメーション・ネットワーク(TIN)が
資金難を理由にお休みするようです。
メールが来てました。

>>We regret to inform you that the Tibet Information Network (TIN) has had to
>>close down for lack of funds.
以下略。
とりいそぎ。
また後で何か追加するかも。

サイトは何ごとも変化なし。
http://www.tibetinfo.net/

新手のイタズラかとも思ったけど、どうでしょうか?

※追記(09/15)
「ちべ者」ですでに紹介されていますが、
http://55tibet.way-nifty.com/tibemono/2005/09/tin_d14c.html
活動停止のメールの翌日に、
ドイツのTibetInfoNet(http://www.tibetinfonet.net/)が発足しましたー、
というメールが来ました。
いちおう別の組織とか言ってますが、ま、初めから決まってたんでしょうね(^-^;

2005年9月 9日 (金)

チベット難民の亡命に同行したドキュメンタリー『ヒマラヤを越える子供たち』が再上映される

今も毎年2,000〜3,000人のチベット人が難民となっている。
多くの難民は国境警備が手薄になる冬、ヒマラヤ山脈を歩いて越えて、ネパール・インドを目指す。
その約三分の一が14歳未満の子どもたち。
逃避行に同行して撮影されたドキュメンタリーフィルムが上映される。

escape_over_h02『Escape Over the Himalayas ヒマラヤを越える子供たち』は、ヒマラヤを越えて亡命する実際のチベット難民を追ったドイツ製のドキュメンタリーフィルム。
5人の子どもを含む10人の亡命者、そして彼らを導く亡命ガイドの姿を描いている。

昨年の“バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル ”で上映されたが、気が付いたチベット関係者はほとんどいなかったらしい(^-^;
ということで、今秋、あのパタゴニアチベットサポートグループKIKUのコラボによる、トークショー付き特別上映会が実現した。もちろん日本語字幕付き!

・上映スケジュールやチケット情報等、詳しくはKIKUのページ→「ヒマラヤを越える子供たち」
・このフィルムの公式サイトでは予告編が見られる。
 →予告編に直リンク(3.2MB)

escape_over_h01NGO"International Campaign for Tibet"のレポート"Dangerous Crossing"によると、
2004年にカトマンズのチベット難民受け入れセンターに登録されたチベット難民の数は2,334人。
これはあくまで国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に認められた数であって、この他に、登録されていない人、途中で捕まった人、山中で命を落とした人も少なくないはず。中国とネパール・インドはますます友好(?)関係を深めていて、チベット難民を取り巻く状況は悪化する一方だ。

escape_over_h03なぜ亡命するのか?
このレポートによると、
(1) 難民の約3割が14歳未満の子ども。難民学校でチベット式の教育を受けさせるために親が亡命させる。
(2) 成人のほとんどは僧侶と尼僧。仏教を学ぶために亡命の道を選ぶ。
(3) 西部大開発で移住させられ食えなくなった、とか、増え続ける漢族との競争に破れて失業した、といった人もいる。
(4) ダライ・ラマ法王の姿を一目見たいただけというチベット人も多い。
…となっている。

2005年9月 6日 (火)

チベット四コマ漫画「ヤッキン」が復活!

I Love Tibet! ホームページで連載されていた四コマ漫画「ヤッキン」が久々に復活した!

yakkin_revival…って、なんだ宣伝か(^-^;
チベット(たぶん東チベット)の遊牧民の男の子“ニマ”と
ペットのような家畜のようなヤクの“ヤッキン”のお話。
2002年末に第30回が掲載されて以来、本当に久々の新作だ。
第31回は「夢の鉄道?」。
少なくともあと何回かは続くらしい。

四コマ漫画「ヤッキン」

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

無料ブログはココログ