« 貴重なチベット情報源が消滅。まじ?TINがなくなる? | トップページ | チベット人数百人が食肉処理場を襲撃。動物を逃がしてから放火@中国四川省 »

2005年9月15日 (木)

藤田理麻「チベット難民キャンプを訪ねて」(すばる10月号)

チベット難民の子どもたちに絵本を贈る活動などで知られるニューヨーク在住のアーティスト藤田理麻さんの難民キャンプ訪問記が文芸誌「すばる」10月号に掲載されている。

「コレガルのチベット難民キャンプを訪ねて」11ページ分。
訪問先は南インドのカルナタカ州コレガル(Kollegal)の難民居住地のSOS Children's Villageなど。コレガルには約4000人のチベット難民が住む。
同行したカメラマンの手記↓で、だいぶ様子がわかりそう。

▼難民キャンプに同行したカメラマンBさんの手記(MediaMonkeys.net)写真あり
カメラマンBの日記Vol.3 インドロケは大変
カメラマンBの日記Vol.4 インドの孤児院
カメラマンBの日記Vol.5 インドロケ最終章
カメラマンBの日記Vol.9 4年越し企画がついに完成・放送!

↑によると、スカパーで『EDGE 2 今を生きる 藤田理麻』っていうのが放送されたらしいですよ。

fujitarima_wondertalk藤田理麻さんはチベット民話を絵本にした『チベットの不思議なお話 藤田理麻のワンダートーク』(チベット語・日本語・英語、サンクチュアリ出版)を2001年に出していて、難民孤児たちに絵本を贈る“ブックスフォーチルドレン”を展開。各種女性誌のエッセーでも、なにかっつーとチベット難民やダライ・ラマ法王ネタを綴っていたりする。もうすぐ新作絵本『ダライラマの愛の心:ワンダーガーデン〜老犬と仔ウサギの物語〜』(扶桑社)も刊行(9/28)。チャリティイベントなども予定されている。

▼藤田理麻公式サイト
Rimafujita.com

▼チベットの孤児に絵本を贈る
ブックスフォーチルドレン

▼藤田理麻デザインのチベット柄タオルが買える
池内タオル“風で織るタオル”(100%風力発電)

« 貴重なチベット情報源が消滅。まじ?TINがなくなる? | トップページ | チベット人数百人が食肉処理場を襲撃。動物を逃がしてから放火@中国四川省 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ