« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月19日 (日)

チベット系ブログ“iTibet”スタート。チベ研究者って日本に何人いるの?

新たなチベ系ブログ“iTibet”がオープンした。大学院で現代チベット研究をしているryoheiさんによるもの。すでに“ちべ者”でも紹介されている通り、いきなりババ・プンツォ・ワンギェの"A Tibetan Revolutionary"のレビューから始まった。味噌煮込みうどんのような(^^;(理由は後述)色んな意味での濃いめの内容が期待できそう。

itibet現代チベット研究というのがまず貴重。
チベットを専門にしている研究者自体、少ないと思うが、いったい日本に何人いるんだろうか?
仏教の研究者なら結構いるし、本なんかも出してたりして、たまにはメディアへの露出もある。仏教関係の大学だったらポストもありそうだし、なにせダライ・ラマとか密教とか、需要あるもんな。あと文化人類学も多少ありかもしれない。
しかし、現代となると絶望的だ。たぶん日本では教える人も稀少だし、だから論文書いても評価できる人もいないし、実家が裕福でもないかぎり食っていける分野でもない。(←想像で書いています)

志ある人たちは絶対いるとは思うんだけど、普段そういう研究者の皆さんの活躍を目にする機会はほとんどない。日本西蔵学会に行って大学院生の発表が1〜2本聞けて感動したくらい貴重だと思う。
欧米で勉強している日本人もいるが、日本に帰って来る意義を見いだせないだろう。

でも今後、チベット問題がスポットライトを浴びた時(←どんな時だ?)、報道ステーションやワールドビジネスサテライトで現代チベットを“普通の言葉”でコメントできる、中国もチベットも知っている日本人がいてくれないと困る。でないと、変な中国専門家に片手間に語られかねない。というわけで、ryoheiさんには頑張っていだきたい!

[画像はトップページ(クリックで拡大)。愛・地球博応援中のryoheiさんは愛知県出身。“ちべ者”のあさださん、“チベット式”の長田を加えて、チベ系ブログのうち3つが愛知県出身者で占められたことになる!…だから何なんだ(^^;]

2005年6月 9日 (木)

「知られざるチベットの巨大寺院」@週刊文春

あまりに巨大になりすぎたため中国当局が僧坊を強制撤去する事態になったチベット寺院ラルン・ガル・ゴンパ(四川省の色達喇栄五明佛学院)が週刊文春グラビアに登場。写真は「地球の歩き方 チベット」でもお馴染みの長岡洋幸

Larung_bunsyun先週出ると聞いていたので、その通りにメルマガで告知してすっかり嘘つきになってしまったが、本当に出てよかった(フィリピンの日本兵騒ぎで流れちゃったのかも?)。いま売られている週刊文春6/16号の後ろのほうのカラーページに「知られざるチベットの巨大寺院」4ページ。いきなり見開きで、ラルン・ガル寺の威容が拝める。

しかし、ずいぶんたくさん僧坊が破壊された後なので、痛々しいといえば痛々しい。一時期は8千人とか1万人とか言われ(ホントかどうかは不明)、2001年に当局から3000人くらいにしとけ!と命令を受け、あげくに僧坊の強制撤去が行なわれた。
こんな具合に壊されていった。
Tibet Information Networkのレポート

Larung_mukashiついこないだ行った人によると、まだ外国人は立入禁止で、その人は入れたんだけど、しっかり見張られていたそうな。昔は平和だったのにね。
僕が初めて行った1997年の時点で熱心な漢族信者が何千人もいたから、さすがに当局も危険だと思ったんだろう。
地元の政府とはうまくやっていたどころか、幹部も含めて全員信者みたいなもんだから、中央に話が伝わらなくて手遅れになっちゃったんだろうな〜♪

2見開き目は、もうひとつの大僧院アチェン・ガル。これも四川省だ。チベット文化研究所のラマ・ウゲン師の師匠であるアチュ・リンポチェのお寺。こちらも草原の奧のほうで、いつの間にか巨大になっていた。今はバスも通っている。

[参考]一昨年行った時のミニ紀行→ラルン・ガルは遠かった

2005年6月 3日 (金)

青海省でチベット人数千人が“暴動”…“冬虫夏草税”をめぐる役人の汚職に抗議

中国青海省でチベット人数千人が役所に放火するなどの騒ぎが起こった。漢方薬剤の冬虫夏草に対する税金の多くを当局の役人が着服していたことへの怒りが原因らしい。アメリカのラジオ・フリー・アジアのチベット語放送が第一報を伝え、日本でも産経新聞に記事が出た。

「中国・青海省で数千人衝突か 米政府系放送局」(産経新聞)
「チベット族数千人、治安当局と衝突…米政府系ラジオ」(読売新聞)
■元記事「Tibetans, Chinese Security Forces Clash in Qinghai」(Radio Free Asia)

騒ぎが起こったのは中国青海省玉樹チベット族自治州雑多県(チベット語ではザトゥ県)。舗装道路も電気もない最貧地区のひとつで、人口のほとんどはチベット人。5月20日から21日にかけて、チベット人数千人が治安部隊と衝突し、政府庁舎などが放火された。

electric_baton周辺では生薬として高値で売れる冬虫夏草が採れるが、採取にあたっては一人あたり1500元(約2万円)の“税金”を納めねばならない。現地チベット人によると、徴収された65万元のうち県政府に入ったのは20万元で、残りが行方不明。

共同通信や産経や読売が現地当局者に取材したところ「そんな騒ぎは起きていない」と否定したそうな。

現場はメコン河の源流近く。玉樹(ジェクンド)といえばバリバリのカム(東チベット)最奥部だ。カムの男たちを怒らせたら怖いよ〜(・ω・) 。

[写真は電気ショックを与える電気棒。軽めの騒ぎを起こすと、こういうので鎮圧される(もともとは家畜用)。照明・警報・電撃の3つのボタンがある。クリックすると拡大]

参考までに勝手にリンク→Asia Photo Net "MEKONG PHOTO GALLERY"
(Zadoiと書いてあるのが今回の現場)

2005年6月 2日 (木)

中国のネット検閲で“I Love Tibet!”が見られなくなったらしい

もっとヤバいサイトが他にいくらでもあるだろ〜(・ω・)
拙サイト“I Love Tibet! ホームページ”(http://www.tibet.to/)がチベットどころか中国で見られなくなった…と、ちょっと前からご指摘をいただいている。ついに栄光のブラックリスト入りか?

netcafe1ロンドンのチベット亡命政府のサイトや、スパイが情報集めてるとしか思えない“Tibet Information Network”が見られないのはわかる。実際、以前からブロックされていたし。
しかし、もうずいぶん前からオトナの事情で亡命政府系のコンテンツを自粛している“I Love Tibet!”にまで検閲の手が及ぶとは、チャイナの中の人もずいぶん気が小さい。
[写真はラサ市内のネットカフェ。クリックすると大きくなります]

「中国のネット検閲 その“手口”」(東京新聞)
「巧妙な中国政府のネット検閲、米の調査で明らかに」(Hot Wired Japan)
「新たに5人を投獄、ネット上の発言を抑圧する中国当局」(Hot Wired Japan)
「中国のインターネットはフィルタリングが徹底的に」(たなか@さくらインターネット)
中国、情報統制の実態(娘通信♪)
などの記事によると、中国のネット検閲技術は世界一らしい。1億人ぐらい雇って手動でやってる公共事業かと思ったら、そうではなかったようだ。

netcafe2にしても、せっかく最大限“日和って”チベット国旗も載せずに頑張ってきたのに、何が気に入らないかな。
そりゃ最近ダライ・ラマ系コンテンツがちょっとオモテに出過ぎたのは確かだが、チベット関連のサイトでダライ・ラマ法王に触れないなんて、超不自然、異常だ。

あと、このブログで反日デモに乗じてチベット人のデモを煽ったという悪行もあったにはあった。
が、このブログはブロックされていないというから、わけがわからない。
まあ、本なんかも含めて、これまでためたポイントが加算されて臨界点を超えたプレゼントということかもしれない。

本土のチベット人がこんなことを言っていた。
「ネットカフェで“tibet”で検索したら、アブナいサイトがいっぱい見れちゃって。で、しばらく見てたら、ブラウザの上からスーッと画面が白くなっていったんだ。ホラー映画見てるような気分だったよ。その後、公安に勤めてる友だちから遠回しに警告されたっけ」

怖いDEATH!

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

無料ブログはココログ