« レッサーパンダの風太くんで有名な千葉市動物公園にはヤクがいる | トップページ | 中国のネット検閲で“I Love Tibet!”が見られなくなったらしい »

2005年5月25日 (水)

チベットっぽい絵本『チベットの山々』は、子ども向け「死者の書」

チベットの絵本じゃないけど、チベットっぽい絵本『The Mountains of Tibet』、つまり「チベットの山々」。凧あげの好きな男の子が生まれて、育って、大人になって、年老いて、死んじゃって…それからどうなる?
[画像をクリックすると大きくなります]

mountains_tibet『The Mountains of Tibet』(Mordicai Gerstein著、Barefoot Books)は英国の絵本。“チベットの”と銘打っているのでチベット人の男の子が登場するが、チベット人が描いているわけではないし、絵も特にチベットぽいわけではない。それどころか、チベットにはありえないようなシーンも登場する。

でも、いかにもチベット人が子どもに語り聞かせそうなストーリー。簡単なお話なのでネタバレさせないように伝えるのが難しいが、要するに、子ども向けに語る『チベットの死者の書』みたいなものだ。まえがきも『チベットの生と死の書』の著者ソギャル・リンポチェが書いている。

mountains_tibet2元は英語だが、うれしいことに日本語訳のブックレット付きで「はだしの本屋」というネット上のお店で買える。英国の版元Barefoot Booksの絵本を翻訳して、ブックレットを付ける形で販売しているとのこと。なるほど日本語版出版ということになると、出版社探したりお金がかかったり色々タイヘンだもんな。
「はだしの本屋」。『チベットの山々』は左のメニューの「絵本のリスト」の中にあります。

原書はいくつかバージョンがあるようだが、amazon.co.jpでは例えばここ→"The Mountains of Tibet"
「チベット・ブックガイド」の絵本コーナーにも掲載した。
……ちなみに宣伝頼まれたりとかしてません。別に知り合いじゃないし、だいぶ前にちゃんと自分で買ったものですから(笑)。

« レッサーパンダの風太くんで有名な千葉市動物公園にはヤクがいる | トップページ | 中国のネット検閲で“I Love Tibet!”が見られなくなったらしい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

無料ブログはココログ