« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月26日 (土)

チベットもの番組の“お約束”@「中国の桃源郷シャングリラ伝説」

「中国の桃源郷シャングリラ伝説」(テレ朝系「アジアへGO!」)が放映された。
東幹久が中国四川省の“幻の桃源郷”シャングリラを訪ねるというもの。
“中国の”と言ってはいるが、もともとはチベットのカム地方だ。
景色は確かにキレイだったが、さっそく中身をチェック!
[番組そのもの、シャングリラという言葉についてはアジアへGO!公式サイトをどうぞ! ロケ日記や壁紙もあります]

期待通りだった(笑)。
▼大げさな表現(道が険しい。立ち入りが禁止されていた未知の世界)
▼地名の間違い(「この峠を越えると、ここから先はチベット自治区」)
▼定番の高山病ネタ
一部のチベットものテレビ番組に脈々と受け継がれる定石を見事に踏まえてくれている。

一番気になったのは、のどかな草原やら動物やら子どもやらの姿に重ねるナレーション。
「すみわたる青空 何ものからも邪魔されない ストレスとは無縁の 穏やかな暮らしが そこにはありました」
……大きなお世話である。“100%他人事”感あふれる紋切り型。

あと高山病ネタは何とかならないものか。
無理なスケジュールのロケで高地適応に失敗してる例を毎回見せられたひにゃぁ
チベットに行ったら必ず高山病になると誤解されかねない。
...まぁ実際結構なるけど(笑)

他、マニアックなチェックとしては、
▼新都橋の金歯屋で、カムパが金歯を光らせて「タシデレ」と言っていたのが微笑ましかった。
▼ダッパ(稲城)の町にあったシャングリラの方向を示した道路標識に
香格里拉という中国名と並んで書かれたチベット名は「シャンバラ」
噂には聞いていたが、やはり公式にシャンバラと混ざってしまったか!
シャンバラは密教経典カーラチャクラ・タントラに出てくる理想郷。同じフィクション?でもシャングリラとは(チベット人にとって)次元が違うと思っていたのだが。
▼一番最後、村のおじちゃんのチベット語の喋りで「理想郷」と訳されている部分、実際は「観音菩薩のリクスムゴンポ(三護法尊)の生地」と言っている。
公式サイトの壁紙にもある美しい雪山の名はチェンレースィ、つまり観音菩薩という。隣りの2つの山ジャンペーヤン(文殊菩薩)、チャナ・ドルジェ(金剛手菩薩)とセットで三菩薩の聖地。17世紀、ダライ・ラマ5世からダッパ・ラリ(ダッパの聖山)という名も賜っている。

シャングリラ「アジアへGO!」公式サイトにも書いてあるが、一般にシャングリラといえば雲南省のシャングリラ(香格里拉)県が有名だ。
今回の番組で訪ねたのは、四川省稲城県の香格里拉郷の亜丁村周辺。
シャングリラの範囲はさらに拡大解釈されて、周辺地域一帯が「大シャングリラ」と称されるようになっている。
どうせ元がフィクションなんだから、ウチにも観光客を寄越せ!というわけか。
[写真は中国の雑誌『中国国家地理』の「大シャングリラ」特集号と付録のマップ]

中国ではすでに有名な“秘境”。
行くんなら今のうち! だと思う。

2005年2月21日 (月)

“ミス・チベット”にまで妨害工作! さすが中国、チェックが細かい

世界一(?)のチベット美人“ミス・チベット”(2004年)に選ばれたタシ・ヤンチェンが“ミス・ツーリズム・ワールド”世界大会に参加できないことがわかった。
中国の圧力があったようだ(呆^^;)

tashi_yangchen2タシ・ヤンチェン(右の写真)は2月13日、2005年“ミス・ツーリズム・ワールド”開催地ジンバブエのハラレに着いた後でこの事実を知った。
主催者側によると「ハラレの中国大使館に北京から指示があった」。

[↓関連記事(英語)]
Tibetan beauty banned from pageant in Zimbabwe (IOL) (WTN)
Miss Tibet expelled from Miss Tourism World due to Chinese pressure (Miss Tibet公式サイト)

[↓タシ・ヤンチェンの画像(Miss Tibet公式サイト)]
Tashi Yangchen crowned Miss Tibet 2004
Tashi Yangchen (プロフィールも)
※ちなみに、今ならMiss Tibet公式サイトのトップページにタシ・ヤンチェンのメルアドが!

“ミス・ツーリズム・ワールド”は20年の歴史をもつイベント(知らなかったけど)。今年参加する72カ国の中には台湾(Chinese Taipei)代表もいる。
調べてみたら、2003年大会(ベネズエラ)には、2002年ミス・チベット候補者の1人テンジン・デキ・チョクテンがチベット代表として堂々参加していた。

[テンジン・デキの画像]
Tenzin Deki represents Tibet at Miss Tourism World in Venezuela
(↑Miss Tibet公式サイトより)
Miss Tourism World 2003 Contestants
(↑Miss Tourism World公式サイト。下から2段目にいます。クリックすると別の画像も見られます)

2003年、ベネズエラでなぜかミスコンを密偵していた中国外交部筋からの驚愕の報告に、北京当局は決意を固めたに違いない。
「次回は断固阻止すべし!」
国家の体面を保つためには、こういった地道な努力の積み重ねが必要なのだろう。
....ご苦労様なことだ。

2005年2月17日 (木)

「チベットへ行かねば!」と初めて言った日本人、能海寛

チベットに初めて行った日本人といえば河口慧海の名が真っ先に挙がるだろう。しかし、実は“だれが一番か”問題は少々複雑だ。

[“日本とチベット”温故知新シリーズ(?)第3弾。第1弾は矢島保治郎第2弾は寺本婉雅

河口慧海は1900年(明治33年)、ネパールから国境を越えて“チベット”へ入った。これが日本人初の“チベット入り”と普通は思う。
しかし、その前年、前回紹介した寺本婉雅とともに能海寛(のうみ・ゆたか)という僧侶が東チベットのダルツェドを通ってリタン、バタンにまで達している。
現在の四川省・甘孜チベット族自治州に属するこの辺りは、当時“チベット”だったはずだ。
少なくともバタンには中国の実質的な支配は及んでいない。
(中国は「及んでいた」と言い張るだろうが)

また、河口慧海がチベット入りを決意したのは1893年(明治26年)4月だと著書『チベット旅行記』にある。チベットにしか伝わっていない仏教経典の原典を手に入れるためだった。
一方、能海寛はすでに1888年(明治21年)、親友のインド行の送別会でチベット行きの必要を説いている。そして、1892年には「自身入蔵ノ任ニ当ラント決ス」とチベット行きを決意している。この時、24歳。

つまり、総合的に見て、能海寛のほうが“一番だった”というのが能海派(笑)の見解だ。

確かに、何かと河口慧海ばかりが脚光を浴びるんで、「ちょっと待て」と言いたい人が多いのはよくわかる。
チベット入りを目指した日本人10人を追った『西蔵漂泊』著者の江本嘉伸氏もたぶんその一人だ。文章の節々に“能海派”色がにじみ出ている。

で、能海寛は、おそらく雲南のどこかで消息を絶ってしまった。同時代にチベットを目指した日本人のうち、ただひとり志半ばにして帰らぬ人となった。

能海寛は故郷(島根県金城町大字波佐)で今も大切にされている。金城町歴史民俗資料館には能海寛の遺品や資料が展示されているし、1989年には『チベット探検の先駆者・求道の師 能海寛』(波佐文化協会発行)が刊行された。
[参考記事]中國新聞 みち紀行「探検家の心は眠らない」

nomiyutakaそして、2002年に発行されたのが、これ、『まんが 西蔵探検家 能海寛』(波佐文化協会・発行、南一平・画、江本嘉伸・原作&シナリオ)だ(写真左)。
能海寛の生涯を描いた漫画だけでなく、文章による解説や年譜、写真資料も豊富。写真右は『能海寛 チベットに消えた旅人』(江本嘉伸・著、求龍堂)。

[参考記事]
web-さんいん能海寛の生涯漫画に
山陰中央新報「偉人伝は漫画が似合う?」
[たぶんここで買えるんじゃないかな?→]吉田屋書店 おすすめ地域図書

しつこいようだが、チベットを目指した日本人については、以下2冊が定番だ。
『西蔵漂泊』上下巻(江本嘉伸・著、山と渓谷社)
『チベットと日本の百年』(新宿書房)
また、別冊太陽『日本の探検家たち』(平凡社)もカラー写真が多くて楽しめる。

最後に声を大にして言いたい。
たぶん1988年だと思うが、どこかの民放で能海寛を取り上げた番組があった。
西田敏行が能海寛の足跡を追って、四川省だか雲南省だかでロケをしていたはずだ。
確かに見た覚えがあるのだが、ビデオは残っていない。
というわけで、どこかにないでしょうか!?

2005年2月14日 (月)

チベット難民が見捨てられようとしているので助けていただきたい♪

ネパールのカトマンズでチベット難民を保護する活動をしている「チベット難民福祉事務所」が閉鎖された件で、
日本でも事務所再会を求める緊急行動が始まった。
在ネパール日本大使館に要請文を持参して、ネパール政府への働きかけを求めるというもの。
詳しくは(今のところは)「ルンタ・プロジェクト」↓のページで。
カトマンドゥのチベット人難民事務所再開を求める緊急アピール行動
http://www.lung-ta.jp/support/urgent/appealfornepal.htm

最新の現地情報は「ちべログ」内↓
ネパールのチベット難民事務所再開を求めるアピール
http://lung-ta.cocolog-nifty.com/lungta/2005/02/0211.html

関係報道や基礎知識については、とりあえず弊ブログ「チベット式」内↓
ダライ・ラマ法王の事務所が閉鎖! 中国の圧力?…カトマンズの話だけど
http://tibet.cocolog-nifty.com/blog_tibet/2005/01/_.html

2005年2月12日 (土)

I LOVE TIBETキャンペーンが都心部で始動!! してません。

I LOVE Tまで同じというだけで、つい反応が(藁
I LOVE TIBET!ホームページ

ilovenewtokyo最近、都内の駅のあちこちで見かける、
I LOVE (NEW) TOKYO。写真は新宿駅の改札にて。
まるごとそのアドトレインというのもありました。
居酒屋チェーンのニユートーキヨーではもちろんなく(!)
今さら何がnewだか知らないけど、
なんだか広告代理店にだまされたとしか思えないクリエイティブぽいプロジェクト。
I LOVE NEW TOKYO公式サイト

2005年2月 6日 (日)

ヤク@モンゴルみやげ

ヤクいただいたモンゴルのおみやげに、ピタっとヤクのおさまるスペースがあったので置いてみました♪
横にいるの白いのは羊ですよ、もちろん。
ヤクについては「聖湖ナムツォにヤクを訪ねて」をどうぞ。

....最近忙しくて更新できません〜!

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

無料ブログはココログ