« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004年11月28日 (日)

砂マンダラ@宮島の大聖院(第3回=最終回)

mandala07_painting.jpg
部屋の隅っこのほうでは、気配を消したようなアムド・チャプチャ出身の坊さんが家具?に一心不乱に紋様を描いています。この畳敷きの純和風な部屋全体が、壁も天井もチベカラーに塗り替えられるまで長い長い道のり。チャンパ・トンドル(弥勒大仏)がまつられて再来年、完成するそうです。

mandala08_closeup.jpg

長い時間をかけて丁寧につくる砂マンダラですが、完成の儀式をした後、ホウキで掃いて水に流してしまうのがお約束です。
形あるものは、いつかは滅びる
——これぞ仏教
って感じでいいじゃないですかー!
けれど、最近は樹脂で固めて展示用に保存することもあります。大聖院でも、去年の薬師如来、一昨年の観音菩薩の砂マンダラが展示されてます。
“諸行無常”的には、そこはかとなく違和感が漂うわけですが……

mandala09_hitori_close.jpg
何でも見世物にしてしまう“ものわかりのよさ”は“堕落”でしょうか?
残すことにこだわるのはよくないが、壊すことにこだわるのもナンセンス。もし信仰心の支えになるのなら、残しておくのもいいだろう」
カムで会ったあるラマは(英語で)そう言ってました。
「残さないほうが仏教らしい? それは外国人のセンチメンタリズムってもんだ。はっはっは」
何かにつけてああ言えばこう言う理屈っぽいチベット人の坊さんらしい話の持ってき方ではあるよな。
といって思いつきでそう言ったわけじゃなくて、もともと色砂でマンダラをつくること自体は仏教以前のインドの風習で、込み入った儀式・パフォーマンスや理屈は後から付けられたものだという経緯をふまえた上でのお話でした。大切なのは動機のようです。

mandala10_huu.jpg
部屋のラジカセからは、近年チベット圏で大流行の“オムマニペメフム”の歌(Tibetan Incantations)が流れてました。ムードを出そうとしてくれたんでしょうか(笑)

マンダラは無事(当然)完成法要に間に合ったそうです。
おつかれさまでした♪

(おわり)

※おっと、付け足しみたいになって申し訳ないですが、これら一連のチベット仏教関連の行事はすべて、デプン僧院ゴマン学堂の伝統を日本に伝える文殊師利大乗仏教会の尽力によるもの。マンダラ制作にたずさわったのは、日本ではじめてのチベット仏教寺院である、広島・龍蔵院のデプン・ゴマン学堂日本分院の僧侶たちです。

※砂マンダラ制作の模様は、去年や一昨年の分も含めて大聖院の公式サイトで詳細にご覧になれます。

2004年11月27日 (土)

砂マンダラ@宮島の大聖院(第2回)

mandala04_whole.jpg
もうほとんどできてるじゃん!
ってそれもそのはず。
完成法要(11/21)の3日前なんだから、できてなきゃ困ります。
しかしこの一番外側こそ大変そう。
間に合わなかったらどうするんだろう?
言い訳その1「完成直前に日本人が邪魔しに来た」、
その2「夜中にネズミが…」

mandala05_beta.jpg
部屋の中には坊さんが4人いて、
畳の上に這いつくばって砂マンダラをつくっていたのは3人。
役割分担があるようで、まずベタ塗り担当の坊さんが黒い下地をつくります。彼だけネパール生まれで、他は本土から逃げてきた組。

mandala06_komakai.jpg
黒地の上に色つきの模様を描くのはリタン出身のよく喋るカムパの坊さん。さらに細かい図案を別のアムド出身の坊さんが描いて仕上げます。
遠くから見ると平面に見えますが、近くで見ると砂がこんもり盛り上がっていて、かなり立体感あって(・∀・)イイ!。
ちなみに今回つくっているのはドルジェ・ジグジェ(怖畏金剛尊)の住まうマンダラです。

(つづく)

※砂マンダラ制作の模様は去年や一昨年の分も含めて大聖院の公式サイトで詳細にご覧になれます。

2004年11月26日 (金)

砂マンダラ@宮島の大聖院(第1回)

もう先週のことですが、11月18日、突然、広島に行ってきました。
海に浮かぶ鳥居で有名な宮島に大聖院という真言宗の寺があって、そこでチベット人の坊さんたちが砂マンダラをつくっているというんでちょっとひやかしにお参りしに。
世界遺産・厳島神社は(チベットにいたから後で知ったんだけど)今年の台風で大きな被害を受けていて、修復は進んでいるものの、能舞台なんかはかなり痛々しいままの状態でした。

神社の境内を抜けて、ところどころ色づいている紅葉を仰ぎみながら小道をゆくと、ひんやりとした空気の中を何やら白い霧のようなものが下りてきます。なかなか雰囲気あります。が、「クリーニング屋でもあるんじゃねーの?」と言っていたら、本当にクリーニング屋から出る湯気だったりして^^;

mandala01_manikhor.jpgとまあ、そんなことはいいとして、宮島弥山大本山・大聖院の入口(仁王門っていうんですか?)の階段といえばお約束、マニ車ですね。「大般若波羅蜜多経」という文字がありますが、中にお経は入ってるんでしたっけ? ていうか小さくて回しにくいです。日本人が作ると、何でも地味でちんまりしたシブくて細工の細かいものになりますね〜。

mandala02_daruma.jpg砂マンダラをつくっているのは観音堂です(たぶん)。靴を脱いで上がると、おっと、なんだこの目つきの悪い達磨は! どこ見てるんだろう? ……これは「目出しダルマ」といって、「目が出る→芽が出る」という単なるダジャレ縁起物だそうな。他にも笑えるありがたい小物がたくさんあるようですが、なにせ、のぞみ自由席に座るために新横浜で1時間も待っていたため到着が遅くなり、急がないとマンダラ作業が終わってしまうので、ただちに堂内へ。

mandala03_calm.jpgやってるやってる!
カリカリカリカリ——開けていいんだかいけないんだか微妙に開いたふすまの向こうから砂マンダラ用の砂落とし筒(?)を擦る金属音が。
ちなみにお堂の中心には一昨年つくられた大きな観音菩薩の砂マンダラ、右手には去年つくられた薬師如来の砂マンダラがガラスケースに守られて、まつられています。
さて、さっそく制作現場にお邪魔です。

(つづく)

※砂マンダラ制作の模様や大聖院についての真面目な詳細は大聖院の公式サイトですべてご覧になれます。

2004年11月24日 (水)

アムネスティ日本のチベットチーム「ちべっとニュースレター」11号

(社)アムネスティ・インターナショナル日本のチベットチームの「ちべっとニュースレター」11号ができあがったようです。スタッフの皆さん、おつかれさまでした。主な内容は…
amnesty_nl11cover.gif


  • 特集1:亡命チベット第一世代に聞く(第2回)
     医学博士 西蔵ツェワン氏
  • 私の聴いたチベット(ささ)
  • 良心の囚人:15年以上投獄されている多くの囚人たち
  • アムドの旅2004(三浦順子)
  • グループ紹介:柏グループ
  • イベント紹介:人権パレード2004に参加しましょう!
  • 仏教のお話(長田幸康)
  • ニュース(Tibet Information Networkより)

今回の「仏教のお話」は「『死者の書』とは何か?」です。
詳しくはチベットチームのサイトをどうぞ!
あと、12月5日(日)には国連人権デーのパレード@渋谷っていうのもあります。

2004年11月22日 (月)

ダライ・ラマ法王の来年4月の来日講演(@熊本)のチケットがもう売られている!

ダライ・ラマ14世が来年4月に来日なさることはすでに知られていますが、熊本での講演等のチケットの販売がもうとっくに始まっています。ちょっと驚きました^^; スケジュールなど詳しくは蓮華院誕生寺さんのサイトをご覧下さい。サイト上で世界一の大梵鐘(37.5トン)の鐘つき♪もできますよ(笑)。

rengein.jpg蓮華院誕生寺はNPOれんげ国際ボランティア会というのもなさっていて、チベット難民支援などを以前から続けています。法王招聘はボランティア会25周年記念事業とのこと。

それにしても、来年の4月の行事の日付がもう決まっていて、チケットが売られている(しかも結構売れているらしい)なんて、一般のチベット人には信じ難いことでしょう! 普通だったら明日の約束さえ守ってくれるかどうか危ういところです。

今年の夏、チベットのディクンティ寺(ディクン・カギュ派の総本山)で12年に一度のディクン・ポワ・チェンモという巨大な行事があったのですが、ものすごぉく大切な行事にもかかわらず、数日前になっても、それが本当はいつ行なわれるか、はっきりわかりません。情報源によって説が違うので、テキトーに早めに現地に行ってみるしかないのです。30万人集まったとテレビで言ってたそうですが(たぶん主催者側発表)。

ちなみに法王来日、東京でも前回と同じようなコトがあるらしいですが、まだ詳細がリリースされていないような気がするので、とりあえず触れないでおきます。あんまり騒ぐと、また某国がアレするので時機を見てるんでしょうか。

2004年11月20日 (土)

地平線会議の『地平線大雲海』+『地平線カレンダー2005』

「地平線会議」ってのが何かという説明は難しいんだけど、冒険とか探検とかフィールドワークとか、色んな場所・分野で“行動”する人たちの緩いネットワーク、みたいなもの。毎月第4金曜日に、その色んな人を招いての「報告会」をやっていて、これがまたここでしか聞けない類のものが多く、聞いとかないとかなり人生において損です(笑)。

で、1979年から毎月欠かさず続いている報告会がついに300回を迎えました。本当に1カ月も欠かさずやっているので300カ月の歴史ということになります。それを機に、報告会とリンクして毎月発行されてきた「地平線通信」を全号復刻したものが、今月完成したばかりの『地平線大雲海——地平線通信全記録 0号〜300号』
これ↓(写真左)
chiheisen.jpg
もう見た目だけで、すごい。1152ページ。写真右は英語のガイドブックFootprint "India"のちょっと古い版ですが、ちょうど同じくらいの厚さでした。報告会のレポートだけでなく、その時々の話題を綴ったフロント原稿があるので、その頃、日本で海外で、なにが起こっていたか、どんな時代だったかという空気が濃縮されてます。新聞の縮刷版のもっと濃いやつ。ただ昔のを切り貼りしたんじゃなくて、スキャンしてゴミ取りして可読性も高めてあるので、縮刷版より優秀ですよ。

写真の後ろになにげに写っているのは、毎年恒例の「地平線カレンダー」の来年版『地平線カレンダー2005 月雲省風写暦』。「地平線通信」でもお馴染みの長野亮之介画伯がカラーで描いたものです。2005年版はチベット高原周辺をフィーチャー。これまでよりもカレンダーとしての使い勝手がアップしてます。月齢付き。

『地平線大雲海』、『地平線カレンダー』、地平線報告会の過去のラインナップやここ数年の地平線通信など、すべて地平線会議のサイトで見られますので是非。って、なんか宣伝みたいになってますが(笑)、「大雲海」はもうほとんどないみたいです。

2004年11月17日 (水)

「チベット民族の木の扉絵と生活用具」展@京都・観峰美術館+「曼荼羅ハウス タンカ堂」

京都の観峰美術館といえば、先日「黄金の華」コンサートも行なわれました。東京・青山のチベ語教室「カワチェン」だって観峰塾の教室の一つだったりするし、チベット方面とはひそかに(?)深い縁のあるところです。

その観峰美術館で「民衆の心展 チベット民族の木の扉絵と生活用具」という、やけに直球なタイトルの展覧会を開催中。来年2月13日までなので、まだたっぷり時間があると思っていると、いつの間にか終わっていたりする(←ありがち)ので要注意です。

thankado_bnr.gifで、このバナーは滋賀の「曼荼羅ハウス タンカ堂」というタンカ&ヒマラヤ方面グッズ屋さんのもので、そのサイト内のスタッフ日記(ブログ)「アジアン・タイフーン」の中に、「チベット民族の木の扉絵と生活用具」とチベット音楽ライブのレポートがあるのでした。

「タンカ堂」さんには“I Love Tibet!”からまだリンク張ってませんが、2〜3日したら張るつもり。気になる商品は、オリジナル魔除けTシャツですかね(笑)。

※2005/09/16追記
上記のショップ「タンカ堂」のサイト、ブログはつながらなくなっています。
↓このニュースの当事者であるとの指摘をいただきました。

オウム施設を立ち入り検査

2004年11月10日 (水)

チベット音楽ライブ@東京は今週末でフィナーレ♪

チベット音楽コンサート「黄金の華」全国ツアーは
今週末の神田・文化学院公演でフィナーレです。

とりあえず、どんな感じか♪は↓でどうぞ。
6日に催された新宿・常圓寺ライブのレポート@「ちべログ@うらるんた」

で、今週末13日(土)に催されるコンサートのご案内については
スエナガスクジラ(末永通子)さんのサイト"TIBET NOTE"をご覧ください。予定やこれまでのコンサートの報告、問合せ先も書いてあります。
余談ですが、娘さんの作家・末永直海さんもまた多才な方で、“ピャーポ”@初期の「ゴー宣」だったのです、なんてのは経歴のほんの一部にすぎません。

来日しているのは、次の3人。紹介文はチベットハウス等から適当に抜粋・加筆。

techung.jpgテチュン……TIPA出身。シンガーソングライターバンド「チャクサンパ」のリーダーとしてニューヨーク・カーネギーホールやチベタン・フリーダム・コンサートに参加。チベット音楽界の第一人者である。現在はサンフランシスコ在住。本名:シャスル・タシ・トゥンドゥプ。

 →テチュン公式サイト(英語)
 音源が試聴できるサイト1→Ser Gi Tung Pho-Secred Offering(download.com内)
 音源が試聴できるサイト2→TECHUNG AND KIT WALKER: SKY TREASURE(CD BABY内)

チミ・ユドン……TIPA出身。チベット音楽の歌手&舞踊家として最高峰に位置する。水晶のように透き通った声と称され、難しいチベットオペラを歌いこなせる数少ない歌手として評価されている。映画『クンドゥン』にも出演。現在はボストン在住。

タシ・クンガ……北九州市出身。チベット三味線「ダムニェン」の演奏者で、2003年に日本人として初めてダライ・ラマ法王の前でその腕前を披露した。現在はニューヨーク在住。本名:空閑(くが)俊憲。
 “黄金の華”を前にしてのインタビュー→Phayul.com内(英語)

[補足]...................................................
TIPA:
チベット舞台芸術団(Tibetan Institute of Performing Arts)。亡命チベット人社会における音楽・舞台芸術の最高峰。普通“ティパ”と読みます。
 CDの紹介→カワチェン公式サイト(日本語)
 →TIPA公式サイト(英語)

チャクサンパ(Chaksam-pa):
サンフランシスコをベースとするチベット人のバンド。“橋を架ける者”という意味。
 メンバー紹介等→Chaksam-pa公式サイト(英語)

チベタン・フリーダム・コンサート:
ビースティーボーイズ(BEASTIE BOYS)が始めたミラレパ基金(The Milarepa Fund)主催の大イベント。1994年から日本も含めて8回開催されている。↑のチャクサンパも来日してます。
 詳しい経緯や写真→ミラレパ基金(日本)のサイト

映画『クンドゥン』:
マーティン・スコセッシ監督がダライ・ラマ14世の半生を描いた。日本語の公式サイトは消えてるようなので、とりあえずamazon→DVD: クンドゥン

2004年11月 8日 (月)

続・中国四川省でチベット僧が死刑に?

いま世界のチベット業界で最もホットな話題は、
先日紹介した中国四川省でチベット僧が死刑になっちゃう鴨?かも鴨?な件
「アムネスティ・インターナショナル日本」のチベットチームが“緊急行動”(アム用語でUAと言う)をスタートしました。
コトの経緯および「手紙書きキャンペーン」の呼びかけはこちらにありますのでご覧ください。

【追記】↓のページのほうがまとまってます!
TNSJ緊急行動:チベット人僧侶テンジン・デレク・リンポチェの死刑執行中止をもとめる緊急行動にご協力ください。

米国Students for a Free Tibet(SFT)のサイトに、いかにもSFTって感じの短いビデオクリップがあるのでどうぞ。クリックするとすぐ始まります。

http://www.studentsforafreetibet.org/downloads/tenzin_content.html
↓勝手にキャプチャーしてみました。

savetenzin_by_SFT.jpg

それと、International Campaign for Tibet(ICT)のサイトにもムービーあり。まだ見てないけど別モノかな?
↓で開くページのWatch the movieをクリック
http://www.savetibet.org/alerts/alertsmain.cfm?alertID=57

あと、以前から時々見ていた(というか、このテの話題で検索すると必ずヒットする)ブログに「北朝鮮・チベット・中国人権ウォッチ−東北アジアの全ての民衆に<人権>の光を!」というのがあります。翻訳も含めて情報が速く、頻繁に更新されてて、非常に熱意の感じられるサイトで、こちらにもトラックバックしていただいてますけど、実はウチの環境(MacOS9.2.2+IE5.1)だと、レイアウト崩れまくり+ものすごく重くて、よくわかんない状態で^^; 普通の人はちゃんと見れるらしいです。いいんです、どーせマカ(MAC-er)は負け犬ですよ。ていうか、同じNews Handler系の他のブログは見れるのも多いんで、特定のテンプレート内のCSS方面がウチの古すぎる環境と合わないんでしょうね……。

2004年11月 4日 (木)

『旅行人ノート チベット』パクリ本をまた発見@韓国編

korean_guide_cover.jpg『旅行人ノート チベット』に掲載されているオリジナル地図はいろんなところで無断使用されている。以前、雑誌「旅行人」に、台湾製ムック本や中国本土の有名なガイドブックのパクリ実態を書いたことがあるが、このたび韓国版も発見。イ・○○○○さん@ソウル、ありがとう!

ハングルなので本文はパクられてもわからないが、地図は、見ればわかってしまう。ほとんどの地図は明らかに『旅行人ノート チベット』を参考に、というか、そのまんまトレースしたものだ。

旅行人ノートの地図は、できあいの原図をトレースしたものではなく(都市部の地図などでそういうのもあるが)、マップ作りが本職の旅人、富永省三さんが現地で測量して作成したオリジナルのものがかなりある(よく捕まらなかったものだ)。そこにさらに僕の編集が加わっている。誰か別の人が作った地図が偶然似てしまうことは、ありえない。

『旅行人ノート チベット』第2版(1998年)では、シガツェのタシルンポ寺の地図中で、パンチェン・ラマ10世霊塔の位置を大間違いしてしまった。しかし、わざとやったことにしておこうかと思うほど、これがパクリ発見に威力を発揮している。以前「旅行人」で書いた台湾製ムックも、今回の韓国のガイドブックも、見事に釣られて間違ったまんまコピーしている(下の画像の赤い矢印)。

↓『旅行人ノート チベット』第2版のオリジナル

korean_guide_orignal.gif

↓韓国のガイドブック

korean_guide_copy.gif

しかし、この間違いは『旅行人ノート チベット』第3版(2002年)では訂正されている。
この韓国本作者は、なんでわざわざ古い版をコピったのかなと思って他のパクリ部分をよく見ていくと、どうやら2000年末に出た英語版“Mapping the Tibetan World”(Kotan Publishing)をコピったらしいと判明。
英語版は第2版を英訳してつくられたので、地図中の情報は1998年当時のものがほとんどだ。

つまり、この韓国のガイドブックは今年出たばかりにもかかわらず、地図中の情報は6年前のままだ。
残念!

いつも思うんだが、
なぜ、バレないように、もっとうまくやらないんだろう!?

本の雰囲気からして、著者は現地に行っているようだから、(中国製ガイドブックがやっているように)少しは情報をアップデートすればいいのに。いくらなんでもそのまま写すこたーないだろうに……。

2004年11月 1日 (月)

[続報]警官がチベット人僧侶を射殺+草原の仁義

先日アムドのゴロク地方(青海省)で起こった警官がチベット人僧侶を射殺した事件の続報が、Tibet Information Networkから出ています。
TIN NEWS UPDATES 18 October 2004: New details on the shooting of a monk in Golog

事件の細かい経緯が明らかに

・9月の初め、マチェン県のトプテン寺の僧侶3人が、隣のタルラク(達日)県に買い物にでかけた。その中には寺主トゥルク・トンドルの息子ツェリン・ペルもいた。
・夜遅く宿に戻ったら鍵が閉まっていた。従業員が門を開けるのを拒んだため、僧侶一行が騒いだ。
・宿の漢族経営者が警察に電話。警官がやって来て、僧侶らを捕まえて派出所に連行、2日間にわたって拘置。最初の夜、僧侶らは暴行を受けた。
・解放された後、僧侶らは診療所で手当を受けて、寺に帰った。
・経緯を聞いた寺主とケンポ(僧院長級の教師)2人は、負傷した3人を連れてタルラク県に乗り込み、当局と談判して治療費を要求したが、拒否された。
・話し合いの最中、警官(チベット人・漢人のハーフ)が拳銃を抜いて上に向けて一発撃った。
・僧侶のひとりが銃を奪おうとして警官ともみ合ううちに、ツェリン・ペルが撃たれて死んだ。銃弾は目から後頭部に貫通。
・警官は続けて数発発砲。中国人作業員(?)が足にケガをし、ケンポの1人の帽子に当たった。他にもケガをした者がいるという報告もある。
・村にニュースが伝わり、100〜200人の村人がタルラク県に乗り込み、派出所や警察車両に投石するなどした。
・2人のラマ(アムド・ゲシェとトゥルク・テンペ・ニマ)がとりあえず騒ぎをおさめ、話し合いが行なわれた。

村人「あの警官の拳銃2丁をよこせ。人を殺めたら武器を引き渡す。それが草原の仁義だ」
当局「拳銃は国家の所有物だから、それはできない」
村人「ちょっとした騒ぎになるかもしれないが、それでもいいのか?」
(やや意訳ぎみ)

・という話し合いの結果、当局は18万元の賠償金を遺族に支払うことで決着。
・2人のラマと当局は“お互い一定の期間、開戦してはならない”と休戦の約束を交わした。
・こうして、集落どうしなどの争いの時になされてきた伝統的な紛争解決のプロセスに従って事態は一段落。

今度はチベット人高僧に死刑執行か?@中国四川省で、「カムのリタンは反政府ゲリラの本場」と書きましたが、
今回の事件が起こったゴロク地方もまた「先代まではみんな強盗だった」(笑)と言われる威勢のいいチベット人が多いエリアなのでした。怒らせると怖いよ♪

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

無料ブログはココログ