トップページ | 2004年5月 »

2004年4月

2004年4月30日 (金)

『チベットの潜入者たち—ラサ一番乗りをめざして』

4560030448.jpg『チベットの潜入者たち—ラサ一番乗りをめざして』(ピーター・ホップカーク著、白水社)って本が出てるのに気づきました。『西蔵漂泊』欧米版、みたいな感じでしょうか? 4月に出たばかりのはずですが、今amazon見たら、もう古本が売られてました^^;

あと、『弥勒信仰のアジア』(菊地章太著)を読みました。

2004年4月27日 (火)

首なし死体

玄関の前に落ちてたんですよ。首なし死体が。

いえ、ハトのですけどね。
近所の猫のいわゆる「おみやげ」でしょう。近くに激しく戦ったらしき跡があって、羽根が大量に散らばってましたよ。そりゃキモチ悪いことはキモチ悪いけど、「今どき、たくましい猫がいるなあ」くらいなもんで。まあハトは後始末が大変だから、トカゲくらいにしといてほしいもんだ。

うちの庭は、近所の猫3匹くらいの散歩道兼ウンコ場になってるぽくて、いつのまにか網戸を開けて家の中に入って来たりもする。ずいぶん昔から居着いている1匹のデブ猫は、すぐ隣りの家で飼われているらしい。最近このあたりも家が建て込んできて、遊び場が減ってるんだろうなあ。
とまあ、うちはこんないいかげんな感じなんだけど、猫ってのは嫌いな人は異常に嫌いなようで、塀を「猫返し」(っていうのか、ブロック塀の上に付けるトゲトゲ)で几帳面に覆ってるとこがあったりして。うちと庭がつながっているお隣なんかも大っ嫌い派らしく、「毒ダンゴ撒く」とか言ってたって。猫を尾行して飼い主を突き止めたらしいよ。
こわいですねえ^^;

2004年4月26日 (月)

チベット人の人口は600万

なんでしょうか。いまだに自信がありません。

ところでhttp://www.tibet.to/のアクセスカウンタがもうすぐ600000です。600000番をゲットした方には何か(何を?)プレゼントしようと思いますので、たまたま踏んでしまった方はメールください。本当は50万のほうがキリがいいですが、その時は気が付きませんでした。

2004年4月24日 (土)

チベット空撮

nasa.jpg
画像はNASAのサイトよりスペースシャトルによるチベット空撮。左がヒマラヤ、西がチベット高原だそうです。ヤルンツァンポが流れてますね。

有田芳生『「コメント力」を鍛える』を読みました。「ザ・ワイド」の話がかなり書いてあるけど、なぜかNHK出版。

2004年4月22日 (木)

「アップルシード」

映画「アップルシード」を観た。
ガンダム世代であり、エヴァンゲリオンとか甲殻機動隊とか見てきて、かつ、昔からSFを(サイバーパンクブームあたりまでは真面目に)読んでいたという立場からすると、別段目新しいところはなかった気がするが、映像はさすがにリアル(?)だった。
ただ、昔の荒っぽいアニメや特撮でも、リアルとの隙間は想像力が十分埋めていたわけで、アップルシードのように、あちら様からリアルにぐんと近づけてくれると、リアルとの差がかえって際立って、すごく違和感を覚える。
この距離感の設定は難しいと思う。人間の姿はアニメアニメしていたほうが感情移入しやすいみたい。実際、生身の人間については、あえてその程度のCGにとどめてあるみたいだし。

それにしても、ラストで、ヒトの生殖機能を衰えさせるウイルスの入ったタンクを破壊するのに、なぜわざわざ8基の多脚砲台が街を滅茶苦茶に破壊しながら攻撃する、みたいな犠牲者の多く出る手の込んだ端迷惑な手順を必要とするのか理由がよくわからなかった。スイッチ押したら爆発、だけでいいのに、必然性の見あたらない謎の設計思想だ。あと、西暦2131年になっても、人類はローマ字入力のアスキー配列キーボードを使い続けているのだろうか? とかツッコミどころは多い。まあいちいち説明している時間はないだろうし、ハードSFではないからOKってことで。つか、気にするほうが変か。
あとポスターに「戦いが終わったら、母になりたい」と書いてあったが、あれは何だろう?
そういうこととは気づかなかったな……。

しかし、アレですね、未来の都市ってのは、やっぱああいうふうに、海岸のテトラポットにびっしり張り付いたフジツボを連想させる、都庁やお台場のような、すごい建物だらけになるんでしょうかね。
悪夢だな^^;

2004年4月17日 (土)

京都のチベットレストラン「ランゼン」/チベット教??

雑誌『Pen』5/1号の特集「在日外国人が教える郷土料理の店」に、京都のチベット料理店“ランゼン”が登場。推薦者はペマ・ギャルポ氏。他の国の料理と比べて、いかんせん色合いが地味ですが(笑)、見開きカラーでばっちり紹介されてます。

tibetkyo.jpg
ある旅行会社のサイトのチベットツアーのところを見ていたら「チベット教」というのが出てきました! 聞いたことない言葉ですが、「チベット教」でGoogleしてみたら結構使われていたりして(^^;

2004年4月15日 (木)

民族衣装萌え系「次元上昇グレートマザー」

greatmother_pema.jpg前々からお知らせはいただいてたんですが、シャンバラ伝説をモチーフに描かれつつあるマンガ「次元上昇グレートマザー」にようやくリンクが張れました。まあとりあえず見てみてくださいよ。Macだとレイアウト崩れまくりで、よくわからないところもあるのですが、Windowsだとちゃんと見えるのでしょうか?
ストーリーは簡単に言うと、チベット人の乙女ペマたん(←この絵。勝手に貼ってすみません)が率いる「チームMt.カイラス」とかが、たぶんシャンバラの超科学と守護霊の力を借りて人類を救うために戦ったりするらしい。活躍するのは全員(かな?)世界各地の主に少数民族の女のコたちで、勝手に“民族衣装萌え”系と解釈しています。描いてらっしゃるのはアイヌ民族のモシリカタ・エラムアンクルさん。
ところで、以前、週刊誌のエロ漫画の原作(のゴーストライター)をやったとき、毎週登場する人物はたった2人だったにもかかわらず、はじめのキャラ設定を忘れて、連載途中でキャラがズレちゃったりしました。これだけたくさん人が出て来ると描き分けるのが大変だなあと、つくづく思いますです。

2004年4月14日 (水)

洞窟を抜けると……&「餅投げ」

KICX0446x.jpg広島話の続き。千仏洞地獄峡の立体マンダラ?部分をぐるぐると階段を上って地上に出ると、ぱっと景色が開けて、真正面にこれがでーんと立ってるわけだ。高さ15mの救世観音。チベット人大喜びかも。

昨日のニュースで、インドの選挙運動で、サリーを無料で配ったら人が殺到して21人が圧死したというのがありました。何を連想したかといえば「餅投げ」です。うちのイナカでは、祭に餅投げは欠かせません。

2004年4月10日 (土)

拘束&ダライ・ラマ来日

japaneseiniraq.jpgアルジャジーラが放映した例の映像のうち、拘束されている日本人がナイフを突きつけられたりしている部分などはテレビで流すのを自粛しているようなので(昨日たしかTBSで1度だけ見た)、いくつかリンクを貼っておきます。見たい方だけどうぞ。

ドイツのSpiegel on line
↑これが一番完全ぽい。08.04.2004の記事名かvideoなんとかという文字をクリックすると、別画面でreal audioの動画が始まります。前半は音声がありません。元々なかったようです。
EuroNews
↑クリックすると別画面が開いてreal audioの動画が始まります。
韓国のニュース番組の映像
↑クリックするとWindows media playerがたぶん開きます。
文字で再現したものは↓
日本で放映されなかった恐怖演出“地獄絵図”(ZAKZAK)
-----------気分転換の線-----------
と、そんな時期ですが、ダライ・ラマ14世が4/12に来日。
アメリカに行く乗り継ぎで、成田に立ち寄ります。
http://newsflash.nifty.com/news/tp/tp__kyodo_20040409tp013.htm

2004年4月 9日 (金)

瀬戸田の耕三寺の千仏洞地獄峡

KICX0443x.JPGヒマラヤ、じゃなくて平山郁夫が生まれた島だというのを行ってみて初めて知った広島県瀬戸田町で、「西の東照宮」(だったかな)と呼ばれる若干ケバめの耕三寺に行きました。かなり色んな見どころがあるわけですが、その中で結構気に入ったのが「千仏洞地獄峡」という洞窟。
洞窟の入口から徐々に下っていくと壁面に各種地獄絵図がジオラマ?風にかなりしつこく描かれていて、その後、餓鬼、畜生、人、修羅がサラっと展開。
それまで狭かった通路が急に上に開けると、高さ十数メートルほどの空間が出現します。おそらくそこが一番底で、吹き抜け?になってるんでしょう。
どうもその空間は極楽を表わしているらしいのです。
真ん中に塔のように岩塊がそびえ立っていて、その周囲に仏だか菩薩だかの仏像やら五重塔やらが大量に林立。さながら(よく言えば)立体マンダラのよう。
写真はその辺りのもの。暗くて狭い中でデジカメで撮ったので、なんだかわかんないですが。
とりあえず、その仏像の数と密度には圧倒されます。滝もありました。なかなか雰囲気いいです。
その周りを螺旋状に回りながら上ると出口です。イメージ的には。本当にそうだったかは、よく覚えてません。
地下パンコル・チョルテンということにしておきましょう。
個人的にはダク・ヤンゾン巡礼を思い出しましたが、日本の地獄は電灯もたっぷりあるし、崖っぷちでハシゴ上ったりしなくていいので怖くない♪

この寺、でかいんです。
時間がなかったので全部は見れませんでした。
耕三寺の公式サイトを今発見しました。ちゃんと調べてから行けばよかった。
とてもガイドブックを書いている人のする事とは思えません(恥)。

2004年4月 8日 (木)

広島から帰ってきて気づいた

KICX0422.JPGたとえば、宮島・弥山大聖院の砂マンダラとかマニ車とか。いちおう行ったんだけど気が付かなかったx_x。どこにあったの??

紀行を1本追加しました。よろしくぅ。

2004年4月 7日 (水)

広島に行ってまして

KICX0405.JPG更新が滞りました。
イベント情報、補充しなきゃです。
ちなみに、広島行きはチチヤス乳業方面とは関係ありません(^^;

2004年4月 2日 (金)

これがブログというものか♪

KICX0339b.JPGブログ=ウェブログ。
まだ自分でもよくわかってませんが、コメントのつけられる日記みたいなものだと思って、とりあえずスタートです。
↓のコメントという所をクリックするとコメントがつけられるようです。匿名でもOK。

←六本木ヒルズ
以上、現場からでした。

トップページ | 2004年5月 »

無料ブログはココログ